Interview

「ギータ2世」の呼び声高い大分の公立校スラッガー・古川雄大 源田、森下を育てた指揮官のもとでプロを意識【前編】

2022.10.13

 186センチ、90キロ。屈強な体格から長打を連発する九州の大型スラッガーが、10月20日のドラフト指名を心待ちにしている。佐伯鶴城(大分)の古川 雄大外野手(3年)は、高校通算21本塁打の長打力が大きな武器で、遠投110メートル、50メートル走は6.0秒と抜群の身体能力を誇る。

 その底知れぬ能力の高さから「ギータ2世」の呼び声もあり、古川自身も「ずっと目標にしてきたのは福岡ソフトバンクホークスの柳田選手」と憧れを口にする。

自信のなさから地元の公立高校へ進学

「ギータ2世」の呼び声高い大分の公立校スラッガー・古川雄大 源田、森下を育てた指揮官のもとでプロを意識【前編】 | 高校野球ドットコム
古川雄大

 日本人の父とフィリピン出身の母の間に生まれた。幼い頃から同級生の中では頭一つ抜けていたという。高校まで野球をやっていた父に誘われ、小学校3年生の時に少年野球チーム上野小スポーツ少年団に入団した。

「実は父も母もあまり大きい方ではないんです。父は174センチくらいで、母も155センチくらい。なぜか私だけ頭一つ分大きくなった感じ、小学校6年生の時には170センチくらいありました。周りよりも大きかったので、昔からホームランも多かったと思いますし、一応強肩とも言われていましたね」

 中学時代は地元の硬式野球チーム・佐伯ボーイズに入団し、ここでも高い身体能力を武器に活躍。チームでは4番・センターとして攻守で躍動し、ボーイズリーグ各支部の選抜チームが集う鶴岡一人記念大会にも、中九州支部代表として出場し4番打者に抜擢される。

 高校進学の際には県内外から40校以上の勧誘があり、「プロ野球選手になるための学校へ」と考えたが、選んだのは地元の古豪・佐伯鶴城高校。その理由を問うと、古川は意外な一面をのぞかせた。

「最初は大分県内の強豪私立へ行こうと思っていました。その高校で甲子園に出て、活躍して注目されるのが一番近道かなと。
 でも実は中学時代はまだそこまで自信がなくて、上手い人が集まってくる環境の中では潰れてしまうんじゃないかと不安になってしまいました。部員が多くてレギュラーになれなかったらどうしよう、それではプロにも行けないと思って、最終的に親と話して地元の県立高校の佐伯鶴城へ行くことに決めました。まずはそこで目立って、スカウトに注目されるのもありかなと思って」

[page_break:プロが身近になった新指揮官の存在]

プロが身近になった新指揮官の存在

「ギータ2世」の呼び声高い大分の公立校スラッガー・古川雄大 源田、森下を育てた指揮官のもとでプロを意識【前編】 | 高校野球ドットコム
古川雄大

 佐伯鶴城は、元広島東洋カープ監督の野村謙二郎氏の母校で、夏の甲子園3度の出場を誇る県立高校だ。だが近年は明豊藤蔭大分商などの壁を破ることができず、古豪と呼ばれて久しい。強豪校に尻込みする形で、長く甲子園から遠ざかっている佐伯鶴城に進学したが、この決断が結果として古川の夢を大きく手繰り寄せることとなる。

 入学直後から試合への出場機会を与えられ、実戦経験を重ねると、持ち前のパワーに加え実戦力も身についてくる。徐々に本塁打数は伸びていき、1年生で8本、2年生では11本と成長は数字にしっかりと表れてきた。

「元々は大雑把なバッティングだったのが、チームのためにヒットを打つ、次のバッターに繋ぐといった意識に変わってきました。出塁率を上げて塁に出れば、足にも自信があるので盗塁でチャンスを広げることができます。
 右方向を意識して繋いでいく打撃を心掛けると、自然と本塁打も増えていき、チームの勝利に貢献できるようになっていきました」

 また、高校3年生に上がる際に大きな出会いもあった。大分商源田 壮亮内野手(西武)や森下 暢仁投手(広島)らを育てた渡辺正雄監督が、4月に監督として赴任。一流選手の高校時代を知る指揮官に指導を受けることで、「ぼんやりとした目標だったプロ野球選手」がより身近なものとして感じられるようになった。

「渡辺監督は選手とすごく距離が近い方で、短い間でしたがフレンドリーな雰囲気で多くのことを教えてくださいました。高校からプロを意識して、こんな風に練習しようとか、あの選手はこんな感じだったよとか。上の世界を意識させてくれたので、出会えて本当に良かったなと思っています」

 そんな渡辺監督も、古川の身体能力には賛辞を惜しまない。

「中学時代から能力はずば抜けており、こういう選手を育てたいなと思っていましたが、運よく見させていただくことになりました。大きな筋肉を動かすのは難しいことですが、そこに関しては全国トップクラスだと思います。
 でも能力以上に素晴らしいのは、野球に対する姿勢の部分です。人間教育の面でも、残りの高校生活の中で私もしっかり伝えていきたいと考えています」

 きっかけは弱気ともとれる進路選択だったが、それでも実戦経験の積み上げと「一流選手を知る指揮官」の指導により、古川はドラフト候補へと駆け上がっていったのだ。

(取材=栗崎 祐太朗

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2023.12.04

【トレーニング特集】目指せ冬場のレベルアップ! 編集部オススメ10の方法!

2023.12.04

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2023.12.04

DeNA・神里の弟・神里陸(國學院大)が決意表明!「プロに入るためには、来春のリーグ戦が勝負」

2023.12.04

あの抱擁は苦難を乗り越えた男の成長の証だった【2023年神奈川県・高校野球ベストシーン】

2023.12.04

2024年のチームリーダーに宗山塁が指名!「世界最強を狙うチームの精神的支柱になれる」と指揮官 【大学日本代表候補選手強化合宿最終日レポート】

2023.12.04

【トレーニング特集】目指せ冬場のレベルアップ! 編集部オススメ10の方法!

2023.12.02

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.12.02

ドラフト3球団競合・高橋純平が引退!2015年ドラ1たち「8年後の明暗」、 メジャーリーガーからスカウト、軟式に転向した選手など多種多様

2023.11.30

2020年阪神ドラフトが早くも「伝説」レベル!MVP・新人王に3年連続20本塁打のスラッガーが誕生

2023.12.03

センバツ21世紀枠推薦校予想】九州は全国屈指の進学校か連合チームか、困難極める選考に

2023.12.04

【トレーニング特集】目指せ冬場のレベルアップ! 編集部オススメ10の方法!

2023.12.02

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.11.11

決勝は国分中央VS神村学園

2023.11.12

2度の指名漏れ 悔しさをぶつけた久保田拓真の3ラン!パナソニックが快勝!<社会人日本選手権>

2023.11.14

大学準硬式が生んだ剛腕・道崎亮太、甲子園で圧倒的な投球を見せて、拓けるか「プロへの扉」<大学準硬式甲子園大会開幕>