Column

【茨城抽選会後 展望】強豪校のブロックにノーシードの刺客が続々!今年も激戦か?

2016.06.25

 6月23日に第98回全国高等学校野球選手権茨城大会の組合せ抽選が行われた。選手宣誓は、98番を引き当てた取手二の主将が務めることとなった。また今大会は、茨城県高野連の他県に先駆けた取組として、女子部員も開会式で入場行進できることになった。参加100チームのうちシードは10チーム。全体を8つのブロックに分けて序盤戦の見どころなどを紹介していきたい。

■こちらもおススメ
【今年は常総学院が有力か?躍進に期待がかかる茨城の有力校、有力選手を一挙紹介!】
【最速149キロ右腕、茨城県ナンバーワンスラッガーなど今年の茨城も逸材揃い!】

■組み合わせ表を見ながら展望を読んでみよう

第98回茨城大会組み合わせ表

新鋭私学対決や伝統校対決に注目

鈴木 昭汰(常総学院)

■ 第1シード・常総学院ブロック
開幕試合は土浦湖北茨城キリストという見応えのあるカードになった。勝ったチームが第1シード・常総学院への挑戦権を得る。常総学院のリベンジに燃える鹿島学園は1回戦で好左腕・桧山 航を擁す茨城高専と対戦する。前評判では総合力は県内トップクラスである常総学院の脅威となるようなチームはないとみられているが、その中から出てくることを期待したい。

■ 第8シード・日立一/第9シード・常磐大高ブロック
第8シード・日立一は2回戦で水海道二波崎の勝者と対戦する。日立一の対抗馬としては、取手一や科技日立などが挙げられる。第9シード・常磐大高古河二と注目の好投手・長井良太関連記事を擁するつくば秀英の勝者と対戦するが、つくば秀英が勝ち上がれば2回戦で屈指の好カードとなる。

■ 第4シード・水戸商ブロック
第4シード・水戸商鉾田一鉾田二の勝者、いわゆる鉾田ダービーの勝者と対戦する。鉾田一は投打にまとまりがあり、順当にいけばオールドファンが唸るカードとなる。小瀬下館一守谷鹿島の公立同士のカードも実力が拮抗している。八千代は独創的なゲビルソーランを2試合演奏できるか。竜ヶ崎一水戸啓明も勝ち上がる力がある。

■ 第5シード・藤代ブロック
第5シード・藤代総和工日立工の工業ダービーの勝者と対戦する。好投手を擁す多賀は順当にいけば2回戦で緑岡と対戦。反対側のブロックでは下妻二の力が頭一つ抜けており、藤代の対抗馬になり得る。佐竹牛久栄進も3回戦進出の力がある。

このページのトップへ

[page_break:強豪校同士が集まったブロック]

強豪校同士が集まったブロック

細川 成也 (明秀学園日立)

■ 第2シード・霞ヶ浦ブロック
第2シード・霞ヶ浦高萩清松水戸一の勝者と対戦する。水戸一磯原郷英牛久下妻一は3回戦進出の力があるが、霞ヶ浦とは力の差がある。

■ 第7シード・太田一/第10シード・土浦日大ブロック
力の拮抗したチームが揃いどこが勝ち上がるか読めないブロックとなった。早々にシード喰いが起こってもおかしくない。第7シード・太田一常陸大宮つくば国際大高の勝者と対戦する。つくば国際大高波崎柳川は2つ以上勝てる力がある。第10シード・土浦日大日立北水戸工の勝者と対戦する。鬼怒商江戸川学園取手は1回戦の好カード。水戸工も3回戦進出の力がある。

■ 第3シード・石岡一ブロック
第3シード・石岡一古河三とプロ注目のスラッガー・細川 成也糸野 雄星を擁する明秀学園日立の勝者と対戦する。古河三と明秀学園日立は1回戦屈指のカード。明秀学園日立はノーシードながら上位進出の力がある。明秀学園日立が勝てばの再戦となるが、古河三にも力がありロースコアの展開が予想される。土浦三日立商は1回戦の好カード。水海道一水戸桜ノ牧も力のあるチームだが、このブロックでは石岡一と明秀学園日立の力が抜きんでている。

■ 第6シード・取手松陽ブロック
第6シード・取手松陽水城伊奈の勝者と対戦する。水城が勝てば昨秋のサヨナラゲーム以来の対戦が実現する。その他東洋大牛久土浦一水戸葵陵と3回戦進出できる力のあるチームが揃う。また取手松陽水城は上位進出の力がある。

 全体的に実力校が散らばった形となった。昨年は霞ヶ浦優勝で感動的な結末を迎えたが、今年もぜひ多くの人を感動させるような熱い戦いを期待したい。

(文・伊達 康


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード