試合レポート

愛知vs西尾

2022.04.09

少ないチャンスを生かした愛知が継投でリードを守り切る

愛知vs西尾 | 高校野球ドットコム
8回途中まで、好投した愛知・市川君

<春季愛知県大会:愛知2-1西尾>◇9日◇1回戦◇豊橋市民

 新年度を迎えた4月の2週目の週末。この日から春季愛知県大会が始まった。好天にも恵まれて、絶好の野球日和と言ってもいいだろう。

 西三河地区予選を敗者戦から何とか最後の県大会出場枠を11位で得た西尾。1つ勝って、西三河地区1位の西尾東に挑みたいところである。一方、愛知も1次予選は中京大中京のブロックに入ってしまい完敗し、2位で2次トーナメントに進出。その戦いで天白千種を下して県大会進出を果たしている。ともに、試合をこなしながら少しずつチーム力を高めてきていると言っていいであろう。

 西尾鈴木海渡愛知は市川の両先発投手。共にテンポのいい立ち上がりで、リズミカルに試合は進んでいった。お互いに上手に打たせていっているという投球だった。

 5回を終えて、50分足らずというスピーディーさ。そして10個の0が並んだが、放った安打は西尾が2本、愛知は4回の杉本の1本のみだった。先頭打者が出たのも、愛知のその回だけ。両投手が、しっかりと自分の投球をしていたと言えよう。

 しかし、どちらが突破口を開けることができるのかと言うと、どちらも、その糸口はなかなか見つかりそうにもなかった。そんな形の、投手戦になった。また、お互いの野手陣もよく守り、西尾の江畑の三塁ライナーを飛びついて捕球する美技なども出ていた。そうした好プレーの度にベンチも盛り上がり、いい雰囲気の試合展開となっていった。

 果たして、どこまでお互いの0が続いていくのかと思われた試合だったが、均衡が破れたのは6回だった。

 西尾は3番榊原が安打したが後続は市川に抑えられる。そしてその裏、愛知は1死から1番檜山が死球。二盗後杉本も四球で一、二塁。鈴木も、わずかに意識してコーナーを狙いすぎたのだろうか。それでも、続く竹内は三ゴロ。しかし併殺にはならず、2死一、三塁と2人の走者が残ってしまって4番澤野となった。愛知としては、最も頼りになる打者でもある。その澤野の狙いすました一打は、左中間の深いところへ飛んで、追いかける横山左翼手のわずかに上を抜けて行って二塁打となり、2人の走者がかえった。

 試合の流れからしても、かなり貴重な2点になると思われた。それでも、西尾も食い下がる。7回は先頭の6番神谷が右前打して二塁まで進んだが得点ならず。しかし、8回に1死から野田と榊原の投手強襲打で初めての連打。ここで、愛知の飛田陵佑監督は、「市川はよく投げてくれていたけれども、ここぞという時には、飼沼の投入は考えていた」と言うところで、迷うことなく継投となった。これに対して西尾は、5番の鈴木海渡が中前へはじき返してついに1点を奪った。こうして、試合はもつれていくかもしれないぞと思わせたが、その後は、飼沼がきっちりと抑えた。

 愛知は、こうした展開で、安打数ではわずかに2本と西尾の7本よりも少なかったけれども、辛くも1点差リードをキープして逃げ切った。飛田監督は、「今年のチームは、こういう戦いで何とか勝ってきています。西尾打線がしっかり食らいついてきて、なかなか苦しかったのですけれども、少ないチャンスを生かすことができました。5回の整備の時に、考え方を『自分がやらなきゃ…』と言うところから、『自分はできるんだ…』と言うように変換していくような話をして、6回にはそれが功を奏したのかなと思います」と喜んでいた。

 西尾の田川誠監督は、「結果的に、相手投手を攻略しきれませんでした。注意はしていたのですが、スライダーに手を出してしまって、それが痛かったですね。それでも、去年の秋から比べて、やっている野球は質が高くなってきていると思います。去年のチームとはカラーは異なりますが、それぞれの力は出せるチームになってきている」と、これから夏へ向けて、チーム作りとしてはいい感触を得ているようだった。

(記事:手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード