試合レポート

都立五日市・都立農業・都立八王子桑志・都立南多摩中等教育vs都立荒川工・都立両国

2023.03.19

連合チーム同士の対決は、4校連合が昨夏からのまとまりを見せて大勝

都立五日市・都立農業・都立八王子桑志・都立南多摩中等教育vs都立荒川工・都立両国 | 高校野球ドットコム
4種類のユニフォームが並ぶ連合チーム

<春季都大会1次予選:「都立農業・都立南多摩中等教育・都立八王子桑志・都立五日市」連合21-1「都立荒川工・都立両国」連合>◇19日◇代表決定戦◇錦城学園グラウンド

 連合チーム同士の対決となった、第8ブロックBの代表決定戦は都立荒川工・都立両国の連合チームと、西東京で多摩地区の都立五日市・都立農業・都立八王子桑志・都立南多摩中等教育の4校連合である。都立荒川工都立両国は、夏の大会はそれぞれ単独で出場できていたのだが、3年生が抜けた昨秋からはこの両校で連合チームを組んでいる。4校連合は、昨夏の西東京大会もこの4校で参加している。そして、秋も同じ4校で組んでの出場となっており、3大会目の同一校4校での連合チームとなった。

 都立荒川工・都立両国は初戦では都立駒場を下しての進出だ。4校連合の方は1回戦は組み合わせで不戦勝となり、この試合がこの春の初公式戦となる。それでも、3大会目でもあり、ある程度は気心が知れているともいえようか。何とか、このチームとしての大会初勝利を目指したいところである。

 初回はお互いに落ち着いた滑り出しだったが、2回に4校連合は先頭の4番尾脇のランニング本塁打から火がついて相手失策や死球も重なり、打者13人、尾脇と宮崎という中軸の連続二塁打などもあって大量8点。一気にリードを広げた。

 さらに、3回にも打者10人と猛攻は続き、どんどんと攻め込んでいき、長打はなかったものの1番須江の巧みなバント安打を含めて5安打2失策に野選もあって、さらに6点。都立荒川工・都立両国は4回に何とか1点を返したものの、その裏にも4校連合はまたしても須江の巧みなバント安打など、やりたい放題という感じになってしまい、7点を奪った。

 4校連合は、中軸を打つバッテリーに1番須江など都立農業の選手たちがメインになっているが、都立南多摩中等教育の選手も3人スタメンに名を連ね、3番には都立五日市の青木が入っている。昨夏から、同じ連合チームとして戦ってきているということもあり、チームとしてのまとまりは十分に感じられた。声掛けなども含めて、単独チームではないかと思わせるくらいのものであった。

 都立農業は[stadium]府中市民球場[/stadium]の隣に学校があり、東京ドームが2つ半くらい入るといわれるくらいに広いキャンパスを有しているという。もっとも、その大半は学校の性質上、畑など農園のようにして使用されているが、その奥にグラウンドもあるということだ。

 この日、5イニングを2安打1失点に抑えて、打っても4番の尾脇投手は3安打。身長180センチのしなやかな左腕で、角度もあって、制球も悪くなくて、そうは打たれないかなという印象だった。「一冬越えて、ようやくしっかりと投げられるようになってきた」ということだったが、4回、5回はやや疲れを見せて、スタミナにいくらかの不安を感じさせたものの、好投だったといっていいであろう。

 これで、4校連合チームとして昨夏から戦ってきたが、初めて公式戦に勝利することができた。こうした結果もまた、1つの自信となっていっているといっていいところであろう。4月からは、新入部員が入ってきたら、単独チームとして夏の大会に出場できる可能性もある。ただ、この連合チームとしてのまとまりもあるので、複雑なところでもあろうか。

(取材=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード