第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!2019年12月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選抜優勝投手に、2020年ドラフト注目投手が登場!
[2]ベスト3には納得の3人がランクイン!

ベスト3には納得の3人がランクイン!



トップ5の面々

第5位 飯塚 脩人習志野

 習志野のエース・飯塚投手が5位で登場。選抜では抜群の安定感を誇り、準優勝に貢献。U-18日本代表でも信頼のおけるリリーフ投手として、投手陣の一角を担いました。春からは早稲田大へ進学する飯塚投手、大学野球での投球が楽しみです!【選手名鑑はこちら】

第4位 来田 涼斗明石商

 6位の中森投手と同じ明石商で主将を務める2年生・来田選手が4位にランクイン。選抜の智辯和歌山戦での2本のホームランから一気にブレークし、2020年の注目選手となりました。中森投手とともに明石商を牽引していく来田選手のバッティングに期待です。【選手名鑑はこちら】

第3位 林 優樹近江

 多くのファンから人気を集める林投手が第3位!得意のチェンジアップを武器に相手を手玉に取る変則左腕として近江を牽引。夏の甲子園では東海大相模に初戦で敗れましたが、U-18に選出され国際舞台を経験しました。社会人野球の強豪・西濃運輸でどのような成長を見せるのか、注目していきましょう。【選手名鑑はこちら】

第2位 佐々木 朗希大船渡

 ここで佐々木投手が登場。高校史上最速163キロをマークし、怪物投手として多くのメディアに取り上げられました。夏は決勝戦で花巻東に敗れて、甲子園に出場することなく高校野球を終えましたが、千葉ロッテで大きく羽ばたくことを強く願っています。【選手名鑑はこちら】

第1位 奥川 恭伸星稜

 栄光の第1位は奥川投手になりました!この世代唯一の2年連続U-18代表に選ばれ、名実ともに世代No.1として走り続けた奥川投手。選抜の履正社戦、そして夏の智辯和歌山戦など、数々の快投で魅了してくれた納得の1位ではないでしょうか。【選手名鑑はこちら】

 2019年もたくさんの方に記事を読んでいただきありがとうございました。2020年もよりよい記事をお届けできるよう取り組ませていただきます。
 また、取材にご協力下さいました皆さまありがとうございました!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第242回 ドラフト候補期待度ランキングベスト20!1位に選ばれたのはあの選手!【ドラフト特集コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第32回 「仮面ライダービルド」黄羽役・吉村卓也がセンバツ注目投手を紹介!ピックアップした3投手とは【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
明石商vs神戸国際大附【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
飯塚 脩人(習志野) 【選手名鑑】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
遠藤 成(東海大相模) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
来田 涼斗(明石商) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
林 優樹(近江) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム