高校野球ドットコム

卒業生
中森 俊介

中森 俊介(明石商)

都道府県:
高校:
学年:
2021 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
181 cm
体重:
79 kg
データ最終更新日:2020年10月8日

寸評

 2019年、中森 俊介を見てきていろいろ課題はあるが、世代ナンバーワンピッチャーだろう。速球、変化球の精度の高さ、ボールの出し入れのうまさ。その点は誰よりもずば抜けている。ただ中森はアスリートとして発展途上で、それが成熟してきたら、どんな投手になるのか、わくわくさせる投手なのだ。

(投球内容)
ストレート 最速147キロ~151キロ
常時130キロ後半~145キロ
スライダー 125キロ前後
スプリット 130キロ前後
カーブ 100キロ前後
チェンジアップ 120キロ前後

 好調時は最速140キロ後半が当たり前のように計測するだけではなく、体の底から湧き上がるようなストレートでこれは打てないと思わせるストレートを投げる。

 ただ不調になると、140キロ前半でも高めに浮くボール球となり振りぬかれることが多い。
 
 変化球も多彩で、どの球種でも決め球となりうる。特に素晴らしいのは、130キロ中盤も記録することもあるスプリット。高確率で空振りを奪うことができている。

 チェンジアップは左打者の外側へ落として、三振を奪うなど投球の引き出しも多い。

 ここまでのピッチングを見ると、引き出しも多く、今年の高校生右腕で彼ほどうまい投手はいない。

 ほかの投手が大学、プロで身に着ける引き出しをすでに習得している感じだ。そこは一歩先をいっているといえる。

 ただ奥川恭伸のような絶対感を感じない。それは投球フォームに課題があることに行き着く。

(投球フォーム)

 明石商の狭間監督は中森の投手としての能力を認めながらも、好みではないと語る。それは大投手にありがちな柔軟性を欠く投手であることだ。本人も体が硬いと自覚する。

 ワインドアップから始動し、左足でゆったりと足を上げていき、右足の膝を適度に曲げていき、バランスよく足を上げることができている。その後、二塁方向へ送り込んでいきながら、ヒップファーストをとる意識がみられるが、ステップ幅が狭く、軸足の膝があまり乗らず、踵から着地を行う。
 中森として角度のあるボールを投げたいと思うが、テークバックの動きを見ると、ひじが上がらず、胸の張りも弱く、横回転気味。

 去年ドラフト1位された投手のトップに入った写真を比較しても低い。

 ただその動きを目指そうとすると、肩甲骨付近が硬いので、無理に引き延ばそうとすると、故障のリスクが硬くなるため、あえて、狭間監督はテークバックの動きを制限させている。無理なくバックスイングを大きくとれる柔軟性が生まれれば、もっとすごいボールを投げる可能性は秘めている。

将来の可能性

 かなり完成された投手であるが、フィジカル、柔軟性に課題を抱えているので、まだまだ伸びしろはある。明石商の環境がそういう課題に気づけて、指摘できる指導者がいるため、まだ中森は化ける可能性は秘めている。

 ピッチングはほぼ完成されているので、あとは最善のパフォーマンスを発揮できる準備をすれば、必然的にドラフト1位評価を受ける可能性を持った投手。

 ぜひフィジカル面の成長を見せて、化けることを期待したい。

情報提供・文:2020.01.05  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事