選手名鑑

佐々木 朗希 (大船渡)

応援メッセージを投稿する!
佐々木 朗希

佐々木 朗希

都道府県:
岩手
高校:
大船渡
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
189cm
体重:
81kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 評判以上の逸材だった。
大船渡の佐々木朗希を見て、そう感じた方も多いだろう。盛岡三戦のピッチングで、2019年度のドラフトの目玉。競合候補に名乗りを上げた佐々木のピッチングや将来性について展望していきたい。

 ストレート 常時145キロ~150キロ 
 最速 154キロ

 初球から153キロのストレートを投げ込み、観衆をどよめかせたようにストレートのスピード能力は今年の大学生を含めてもトップクラス。指先にしっかりと力を伝えたストレートは破壊力抜群で、ストレートの威力自体は大谷翔平の3年春よりも格段に上。久しぶりに大谷以来の衝撃を受けた別格のストレートだった。

 まだ佐々木は体自体は出来上がっていない。リリースポイントも不安定なところもある。だがそれが伸びしろで、まだまだ速くなる予感をさせるのが佐々木なのだ。160キロを目指す佐々木だが、エンジンの大きさからして不可能ではない数字である。

 スライダー 130キロ前後
 カーブ 110キロ前後 
 フォーク 120キロ後半~135キロ

 ストレートが強調される佐々木だが、変化球の質も高いのが特徴的である。スライダーは手元で大きく曲がる軌道で、空振りが奪える。高めに浮くと棒球になり本塁打を打たれてしまったが、精度は問題ない。フォークは打者の手元で鋭く落ちており、空振りが奪える。夏前にフォークをマスターしたことで飛躍的に投球の幅を広げた。高校3年生までには速度が速いフォークだったり、落差が大きめのフォークなど使い分けができるようになると、さらに打者は攻略のしようがなくなるだろう。
 
(投球フォーム)

 ランナーがいなくてもセットポジションから始動する。左足を胸元の近くまで上げていきながら、右足をバランスよく立つことができる。その後、遊撃方向へ足を伸ばしていきながら重心を深く沈ませていく。お尻から先行するヒップファーストが取れており、この身長にして下半身主導の動きができるところが素晴らしい。左足を下ろす時、一度、足の裏を打者に見せるように動かすロッキングも取り入れている。これにより開きを抑えられ、そして、フォームにも勢いを与えている。左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら開きを抑え、左胸にしっかりと抱える。そこから内回りの旋回をしていきながら、トップに入る。胸郭をうまく使うことができており、それによりしっかりと右ひじを上げることができる。そしてリリースでは打者よりでリリースすることができており、しっかりと力が伝わったリリースができている。フィニッシュでは左足にしっかりと体重が乗った状態でフィニッシュを終えることができている。
 
 佐々木の潜在能力は素晴らしいが、上半身、下半身ともに鋭い体の回転を生み出す使い方ができており、1150キロ超の速球を投げ込むのもうなづける。まだ走者を背負うことにばらつきがあるので、そのばらつきが少なくなれば、安定した球筋で投げることができるだろう。
将来の可能性
 実力は今でもドラフト1位クラス。ゆくゆくはドラフト競合クラスになりうる可能性をもっている。
 
 侍ジャパンU-18代表の一次候補に選出されているが、故障をしない限り、選出すべき逸材だ。早めに世界を知ることも大事であり、高校生トップクラスの投手が集まる侍ジャパンの代表選手たちとともにすることは佐々木の野球人生にとってもプラスだろう。

 大谷 翔平と同じく岩手の怪物として、全国の高校野球ファンに衝撃を与える投球を今後も続けることができるか注目したい。
情報提供・文:2018.07.11 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
コメント (2)
インコース2018.09.21 岩手の人
変化球も低めに集まり精度高いです。
夏、気になったのは内角がないこと
今秋に変わっているか注目したいです!!
本当にすごいんだね、2018.07.16 マンゴー
自分の地元からこんなに注目される選手が出るのは、すごい嬉しい!!!正直こんなに全国にまで知られる選手になるなんて思わなかった!でも、今年の夏は悔しくも負けてしまって、残念ではあるけれど、彼にはこれからの高校野球がある!!どうか怪我には気をつけて、大高を甲子園に連れて行って欲しい!!!

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板