選手名鑑

佐々木 朗希 (大船渡)

応援メッセージを投稿する!
佐々木 朗希

佐々木 朗希

都道府県:
岩手
高校:
大船渡
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
190cm
体重:
86kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
コラムより抜粋(2019年4月9日
 文句なしで世界レベルの逸材。比較対象が日本の高校生ではなく、アメリカ代表の剛速球右腕になる。2017年のアメリカ代表は150キロ越えの右腕が4人いたが、彼らと比較しても素材は間違いなく上だ。彼がいるだけで、日本人投手は凄いと優越感に浸ることができる。

 スカウトのガンでは、最遅が150キロ中盤で、最速160キロを超えていた。大絶賛のコメントが相次いでいるが、それが大げさではないぐらいすごかった。よく漫画では剛速球を「ごおおお」「ぎゅるるる」など擬音を使って表現するが、それが現実に起きているように感じられた。190センチで、縦回転を使った投球フォームをしているので、ボールには角度が感じられ、昨年よりも空振りが奪えるストレートとなった。さらには130キロを超えるフォーク、スライダーの切れ味の鋭さは初見ではなかなか捕球できないものだ。スライダーは左打者に対してはフロントドア(アウトコースのボールゾーンからストライク)を使って見逃し三振に取り、スプリットで空振りを奪うなど、6奪三振のうち5つが変化球だった。

 変化球のレベルも高いので、少ない球数で抑えることができる。走者一塁の場面でも淡々と自分のピッチングができていた。本人は緊張していたというが、佐々木の投球を目の当たりにしていた参加選手、報道陣、スカウト、ファンの方は「いやいや落ち着いていて堂々としていたじゃん」と思ったはずだ。

 佐々木の良さは自分のルーティンを持っているということ。まずキャッチボール。剛速球投手にしてはかなり距離が短い。ほかの選手たちが塁間以上で投げているのに対し、佐々木は塁間の距離で投げていたのだ。速球投手のキャッチボールを見たことがある人ならばわかると思うが、距離は長い。60メートルぐらいの距離からライナー性で投げ込み、「やっぱり投手のキャッチボールってすごいんだな」と感じるが、佐々木は一定の距離だ。本人は「いつもやっていること」という。

 その距離で左足を胸の高さまで上げていき、縦回転のフォームから淡々と投げ込み、自分の動きを確認しているのだ。また、肩甲骨が非常に柔らかく、合宿2日目に及川 雅貴とキャッチボールをする前に肩甲骨のマッサージをやっていたが、かなりの柔らかそうだった。また3日目はマエケン体操をして、肩甲骨を動かすストレッチは必ずやっている。そういうところから故障を防ごうとする意識が見える。

 佐々木の柔軟性の高さは写真を見ていただければ、お分かりいただけると思う。さらに足を勢いよく踏み込んで、柔軟な上半身によって尋常ではない回転力のあるフォームとなっている。普段の口ぶりはシャイだが、自分のやるべきことをしっかりやっていて感心させられた。

 ただ今年に入ってから登板時のイニング数はまだ少ない。長いイニングを投げてみて、今のような効率的な投球ができるか。金属バットを持つ打者に対して、圧倒できるか。

 佐々木の場合、並外れた速球を投げる分、負担も比例して上がってくる。165キロ、170キロという声もあるが、そこにこだわって出力を高めすぎると、故障のリスクはさらに高くなる。

 佐々木は7割~8割の出力で、完成度の高いピッチングをするべきではないか。佐々木に求めたいのは165キロではなく、程よい出力で、少ない球数で、抑える投球術を身に付けること。ファン、メディアからすれば物足りなさは感じるだろう。しかしそれが佐々木の才能を守り、強豪校相手にも抑えられる投手になるために大事なスキルといえる。

 世界最速を狙うのは、しっかりと負荷を耐えうる肉体になってからでも遅くはない。
情報提供・文:2019.04.09 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
コメント (5)
佐々木朗希君2019.07.07 有賀里美
U18のWBSCに選出されたからには優勝を期待される。佐々木君の舞台を与えられた大会に出られる喜びをマウンドで披露すること。

あなたは野球の強豪校へは進まずに県内有数の進学校にいったのも賢明だったわ。小笠原満男から佐々木朗希に時代か変わるわ! (元中央労働金庫職員・有賀より)
大谷より江川2019.04.08 チャイルド
佐々木君の投球の凄さは、大谷君というより、江川との比較がいいんじゃないか?江川は、かすっただけで、バッターは称賛されたけど、まさにそんな投球でしょう。大谷君は、早くても当てられるから。高校トップ六人相手に六三振で、チップが一回って、江川しかいないでしょ。
来年が楽しみ2018.11.22 がんばれ高校球児
並外れたすごい投手が、また岩手から現れた。秋の県大会では、最速157キロと常時150キロ前後のストレートの投球をする試合を見ることができた。満員の観客からは何度も驚きのざわめきが起こっていた。高校生らしい礼儀正しい態度も好印象。ケガなどなく、さらに大きく育って欲しい。3年になる来年が楽しみである。
インコース2018.09.21 岩手の人
変化球も低めに集まり精度高いです。
夏、気になったのは内角がないこと
今秋に変わっているか注目したいです!!
本当にすごいんだね、2018.07.16 マンゴー
自分の地元からこんなに注目される選手が出るのは、すごい嬉しい!!!正直こんなに全国にまで知られる選手になるなんて思わなかった!でも、今年の夏は悔しくも負けてしまって、残念ではあるけれど、彼にはこれからの高校野球がある!!どうか怪我には気をつけて、大高を甲子園に連れて行って欲しい!!!

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板