2019年08月24日 都内グラウンド

侍ジャパンU-18代表vs駒澤大

2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ オープン戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

侍ジャパンU-18代表が初戦!宮城、西、林、佐々木の強力リレーで 完封勝ち!



宮城大弥(興南)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 侍ジャパンU-18代表の初実戦を迎えた。まず第1戦は投手の好投もあり、安定した試合運びで勝利を収めた。

 5回表、0対0の同点だったが、5回裏、二死二塁から8番水上 桂明石商)の左横線を破る適時二塁打を放ち、2点を先制する。

 さらに6回裏、韮沢 雄也花咲徳栄)の適時二塁打で1点を追加。8回裏には一死一、三塁からダブルスチールの間に1点を追加し、二死満塁から6番遠藤 成東海大相模)の2点適時打で5対0と突き放した。

 侍ジャパンU-18代表は4投手の継投リレーで完封勝利。初実戦を白星で飾った。

 まず投手について個別でレポートしていきたい。

 宮城 大弥興南)3回無失点…9時前にマウンドに立ったということもあり、立ち上がりは135,6キロとあまりエンジンがかかっていなかった。ただ2番打者に140キロを出すと少しずつエンジンがかかり、2回、3回と140キロ台を連発。最速143キロをマークしたストレートは威力があり、内外角に投げ分けができる。120キロ前後の横スライダー、120キロ前後のチェンジアップを低めに集めつつ、追い込んでから140キロ台のストレートでねじ伏せる投球は見事。仕上がりは順調といっていいだろう。

 西 純矢創志学園)3回無失点…この日の西はまだ100パーセントの状態ではないが、それでも常時140キロ中盤・最速146キロをマークした直球は威力抜群。直球以上に目を引いたのは変化球の精度の高さ。120キロ前半の横スライダー、120キロ前半の縦スライダー、135キロ前後のフォーク、130キロ前半のカットボールといずれも手元で曲がり、低めに曲がるので、空振りを奪える。5回は三者連続三振。直球、変化球のコンビネーションが抜群に良かった。

 さらに良い当たりの左飛もあり、投打で非凡な姿を見せている。永田監督は投手についても外野を守れ、打てる選手を求めており、西はその需要に当てはまる選手といっていいだろう。

 林 優樹近江)2回無失点…ストレートの最速は132キロ。ほとんどが変化球。90キロ台のカーブ、120キロ近いスライダー、110キロ後半のチェンジアップを自在に投げ分け、走者を出しながらも、2回無失点に抑える力投を見せた。走者を出しても粘り強く抑える投球スタイルは見事だった。

 佐々木 朗希大船渡)1回無失点…平均球速149.5キロ・最速153キロと、圧巻の平均球速。大学生でもこの数字はなかなか出せないだろう。本人は7,8割の力で投げたと語るように出力を少しずつ大きくしている。また135キロ前後のスライダー、フォークの精度も素晴らしく、1つ1つのボールが一級品。ただ本人は「四球を出してしまったののが反省点です。得点をつけるとすれば、60点です」と制球を乱してしまったことを反省。限られた試合の中で、さらに制球力を高め、安定した投球を求める佐々木。岩手大会準決勝以来の登板となったが、ブランクを感じさせない投球だった。

【次のページ】 野手注目はこの選手!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
世田谷西シニアが東練馬シニアを破り10年ぶり2度目の優勝 決勝をレポート!【ジャイアンツカップ】 【ニュース - 中学野球関連】
世田谷西シニアが10年ぶり2度目の優勝 富塚が値千金のツーラン【ジャイアンツカップ】 【ニュース - 中学野球関連】
第845回 リトルシニア屈指のリードオフマン・内囿光人(世田谷西リトルシニア)が見据える高校野球とは?! 【2018年インタビュー】
第843回 「高校でも最低1回は全国制覇をしたい」リトルシニア全国制覇のエース・池本琳(世田谷西リトルシニア) 【2018年インタビュー】
第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る