選手名鑑

奥川 恭伸 (星稜)

応援メッセージを投稿する!
奥川 恭伸

奥川 恭伸18u2018

都道府県:
石川
高校:
星稜
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
82kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

コラムから抜粋
コラムから抜粋
 高校生にスケール、実戦力を兼ね備えた剛腕というのはなかなかいないのだが、奥川 恭伸はまさにそんな投手だった。

 広陵打線相手に、別格の投球を見せた。ステップ幅が狭く、右スリークォーター。胸の張りも小さい。とても力感がないフォーム。しかし速球を見ると、力感があふれており、常時140キロ中盤のストレートは、回転数・威力ともに兼ね備えている。実はこれでまだ7割ほどの出来。まだまだ球威あるまっすぐを投げられるという。全力ではなくても、140キロ後半のストレートを投げることができたのは奥川の投球フォームが神宮のマウンドが合っていたこと。
「少し傾斜が高い感じなのですが、非常に投げやすかったです」

 自分の思い通りのフォームで投げられると、ストレートだけではなく、変化球も凄みが増す。125キロ前後のスライダーは縦に鋭く落ち、さらに横に曲がる125キロ前後のスライダー、135キロ前後の高速フォークと、3球種の切れは素晴らしく、広陵打線は全く対応ができなかった。ちなみに広陵は1週間前に創志学園西 純矢を攻略してコールド勝ちを収めている。140キロ台のストレートにも対応し、変化球にも合わせた。その広陵打線が全く太刀打ちできないのだから、どれだけ奥川が傑出した存在なのかがうかがえるだろう。

 1つ1つの球種も素晴らしいが、奥川のすごさは状況判断能力の高さだ。いきなりアウトはすべて三振に奪ったが、これはすべて狙いにいったもの。三振を狙いにった理由は、前日の試合にあった。初日の2試合、先制したチームが5点を奪い、そのまま勝利している。広陵は隙がないチームと警戒していた奥川。立ち上がりが悪ければ、そういう流れになると危惧して、三振を狙う配球を心掛けたのであった。

 また、決め球となったフォークはこの神宮大会から使い始めたものだ。
 「選抜前で練習をしていて投げられるようになっていたんですけど、しばらく使っていませんでした。神宮大会前で、捕手の山瀬と相談して使うことが決まりました。フォークを投げる目的としては、今後のステップアップとして、まずは神宮大会でどこまで使えるのか。それを試す意味でも使いました」
 結果的にフォークが機能し、三振を量産した。
情報提供・文:2018.11.10 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs広陵【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs啓新【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs松本第一【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
済美vs星稜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
星稜vs藤蔭【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
星稜vs金沢学院【石川県 2018年夏の大会 第100回記念 石川大会】
三重vs星稜【第90回記念選抜高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板