第430回 甲子園のスター、プロ志願選手など注目選手が揃った岩手国体に注目!2016年10月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 高校3年生にとって最後の公式戦が、国体である。出られるのは12チームと限られており、この大会に出場できる12チームの3年生は幸せだ。そんな今大会の初戦の見所を紹介していきたい。

東邦vs秀岳館
東邦ではプロ志望届けを提出した藤嶋 健人関連記事秀岳館ではスーパーキャッチャー・九鬼 隆平関連記事、実戦で必ず存在感を示す松尾 大河関連記事、右打ちの強打者・天本 昂佑とタレント揃い。4人ともしっかりとしたキャラクター性を持っていて、またプロ志望届けを出していない選手もそれぞれ味を持っているだけに見所が多い。両チームは昨秋の明治神宮大会で対戦しており、その時は東邦が藤嶋の勝ち越し2ランで試合を制しているが、今回はお互い打撃力があるだけに本塁打の応酬になるかもしれない。

広島新庄vs明徳義塾
U-18アジア選手権優勝の立役者となり、プロ志望を表明した堀 瑞輝関連記事が、試合巧者の明徳義塾相手にどんな投球を見せるのか明徳義塾2年前の国体のチャンピオン。前回は岸 潤一郎(現・拓殖大関連記事)が投打に渡る活躍を見せたが、今年はプロ志望届けを出している正捕手・古賀 優大関連記事を中心としたディフェンスで勝負するチームだけに、1点を争う好勝負が予想される。

盛岡大附vs履正社
 甲子園で猛打を発揮した盛岡大附は地元・岩手で大暴れを見せたいところ。中心打者は甲子園で本塁打を放った塩谷 洋樹菅原 優輝植田 拓など強打者揃い。履正社寺島 成輝山口 裕次郎の二枚看板がラスト登板となる国体でどこまで力を発揮できるか、注目をしていきたい。

北海vs木更津総合
クールという言葉がぴったりの両エースの投げ合いはとても注目だ。北海のエース・大西 健斗は、いつも淡々と投げて派手なガッツポーズを見せることなく、試合後には必ず相手へゆっくりと礼をしてから整列に向かう立ち居振る舞いで、多くの高校野球ファンの心を釘付けにした。一方、木更津総合のエース・早川 隆久関連記事も、その落ち着き払った投球はとても高校生とは思えない。2人とも、甲子園後から肩、肘への疲労感がありしばらく休んでいたようだが、元気なピッチングを見せてほしい。

聖光学院vs常総学院
ベスト8まで勝ち進んだチーム同志の対決。長打力を見ると本塁打を打てる打者が多い常総学院が上だが、聖光学院も集中打で一気に畳みかける打線なので見逃せない。ただ、投球術が優れた鈴木 昭汰がいる常総学院の方が有利かもしれない。

鳴門vs作新学院
選手権ベスト8まで勝ち進んだ鳴門は最速145キロ左腕・河野 竜生が注目だが、それ以上に手束 海斗を中心とした破壊力ある打線も注目だ。そして作新学院は甲子園優勝投手となった今井 達也関連記事がどれだけ復調しているか。U-18では疲労により平均球速が10キロほど落ちていたが、1か月の休養期間でどこまで復調しているか注目される。栃木大会甲子園U-18と3大会優勝を経験した今井。4つ目の優勝を狙うべく、岩手の舞台で快投を披露するつもりだ。

 前回は甲子園優勝東海大相模が優勝したが、今年は作新学院が優勝するのか、それとも他の学校が優勝するのか。2日から始まる国体をぜひ注目してほしい。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2016年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第129回 選抜までにココを成長!神宮大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第609回 優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!【大会展望・総括コラム】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs静岡【2017年 第48回明治神宮野球大会】
広島新庄vs広島工大高【広島県 2017年秋の大会 広島県1年生大会】
第615回 星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」 【2017年インタビュー】
創成館vs聖光学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第614回 田中闘(明徳義塾)「恐怖の攻撃的2番打者。類まれなバットコントロールを生み出した練習法」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs中央学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
天本 昂佑(秀岳館) 【選手名鑑】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
大西 健斗(北海) 【選手名鑑】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
河野 竜生(鳴門) 【選手名鑑】
古賀 優大(龍谷) 【選手名鑑】
古賀 優大(明徳義塾) 【選手名鑑】
鈴木 昭汰(常総学院) 【選手名鑑】
手束 海斗(鳴門) 【選手名鑑】
早川 隆久(木更津総合) 【選手名鑑】
藤嶋 健人(東邦) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
松尾 大河(秀岳館) 【選手名鑑】
木更津総合 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム