Column

「『甲子園のためにすべて右ならえ』は世知辛い。野球を楽しむためのリーグがあっていい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.2】

2024.04.19


上田 誠さん

2023年8月。上田誠さんが1991年から2015年まで25年間指揮を執った慶應義塾高校が、甲子園で初優勝を果たした。その慶應義塾の強さの基盤を作った指揮官の一人・上田さんのインタビューを2回にわたりお届けする。

<関連記事はこちら>
第1回:「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん

地域ごとに全カテゴリが交わった話し合いの場をつくる

上田誠さんは、昨今、サッカーや卓球、バスケットボールの人気が高まる中、野球の競技人口が減っていることにも警鐘を鳴らす。
「この問題については、とにかくみんなで話し合うことが大事だと思います。全国一斉に何か進めるのではなくて、地域ごとにどうしようかと話し合うこと。県や市ごとでも、大学・高校・中学・小学校が一緒になってイベントをやるとか、保育園や幼稚園とも交わるとか。そんなことでいいんです。サッカー界を改革した川渕三郎さんのように、野球界でもリーダーシップを取れる人が出てきて、『みんなでやりましょう!』と言ってくれれば、それはとても助かりますけど(笑)イチローさんや松井秀喜さんなんかが言いだしっぺになってくれると良いですけどね。でもまずは、とにかく地域ごとにみんなで話し合って、子どもたちが野球をやれる環境をつくってあげることが、ぼくたちの使命だと感じています。」

上田さんは慶應義塾高校の監督を退任後、神奈川県で学童野球のセミナーを精力的に開催するなど、少年野球の指導者たちへの啓蒙活動を行ってきた。また全日本野球協会(BFJ)の団体間連携推進部会の委員として活動もしているが、中々事態は前に進んでいかないという。
「少年野球から社会人までそれぞれに連盟があって、そこを連携していきたいのですが、みんなで一緒にやるという段階にはまだ至らないのが現状です。前例通り進んで、今までのことをそのまま続けているだけで何も変わっていかないんですよね。突飛な人が出てきて、こういうことをやるぞ!と引っ張っていけるといいのですが。ただ、希望はあります。高野連の場合は、日本各地で組織化されているので、各都道府県で“野球振興係”という部署を設けてもいいですよね。
それは、高校の先生たちが中心になると思いますが、中学&高校でユニットを作って、年に何回か野球遊びするとか、各県のアイディアで好きにやれば面白くなると思います。そこに、高野連が費用を負担してあげたり、近くに大学や社会人チームがあればその選手たちも参加したり。だけど最近では、地域で地元に根差した野球振興をやらなければいけないのに、『もうやってますよ』みたいな感じになってしまっている面がある。
神奈川県でも子ども向けのイベントをやってますけど、年に1回だけやっていても野球人口って増えないでしょう。それに、企業が中心になって独自に野球教室や大会を開催していますけど、それが逆に子どもの体や肩の負担につながっていたりします。企業単独ではなくて、学童も中学も高校も大学も社会人も、みんなで一緒にやることで面白くなるとぼくは思いますね。」

次のページ:子どもたち自身が未来の野球の伝道者

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 安田 未由

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?