Column

「その指導で、子どもは本当に野球を楽しむことができていますか?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.3】

2024.05.13


工藤 勇一さん

学校教育において、子どもたちの民主主義を実践してきた工藤勇一さん。
麹町中学の校長時代、生徒たちが主体的に学校運営に関わり、生徒たち自ら学校改革を進めたことで注目を集めた。2024年3月までは、横浜創英中学・高校の学校長を務めた。
そんな工藤さんは、20代後半~30代までは、中学校の野球部監督として、野球の指導にあたってきた過去がある。

その後、野球との距離は遠のいたものの、昨今、新しい高校野球を目指す指導者が増える中で、教育界に一石を投じてきた工藤さんに、高校野球だけでなく、学校スポーツ界全体に対して思うことを率直に伺った。
「ぼくが、日本のスポーツ界について述べるのは、このタイミングなんだろうかという思いはありますが」と一言置いた上で、工藤さんの考えを語っていただいた。

<関連記事はこちら>
◆第1回:「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん
◆第2回:「『甲子園のためにすべて右ならえ』は世知辛い。野球を楽しむためのリーグがあっていい」——元慶應高監督・上田誠さん

自分の価値をあらゆる人に押し付けていませんか?

工藤さん:相変わらず、日本では戦後をいまだに引きずっている競技がいくつもありますね。一度、人々の心に染みついてしまった価値観というのは、戦争が終わっても、しばらくその国に残り続けてしまうと言われています。戦争というものはそれくらい重たいものだということです。
世の中が平和になって、どれだけ社会や制度が変わっても、何十年もずっと引き継がれてしまうんですね。

例えば、学校の運動会もそうですけど、戦時中は、団結や士気高揚を図るために利用されてきましたが、現在の学校でも、いまだにその頃の価値観を引きずっています。戦うことに価値を見出し、努力することに価値があるとか、何かを実現するために目標を立てて、工夫していく姿がとても重要だなど、教育的な言葉を並べていく。結局は、大人側からの価値観を子どもたちみんなに押し付けています。組体操やマスゲームなどは象徴的な種目ですね。

学校スポーツにおいては、『人間を育てる』という言葉をよく使いますよね。一見素敵な言葉に見えますが、スポーツを無理やり教育として捉えていることには無理があります。
スポーツというものの本来のあるべき姿をいまだに日本では問えないんです。そこに価値をつけて、あらゆる人に押し付けようとする。スポーツに対する根本的な問題が日本にはあります。

もちろん、人それぞれの価値観だから、スポーツを教育として捉える考えはOKなわけです。教育的な意味があるよねって考えるのも大事だし、素敵な人間になるためにスポーツは重要だと考えるのも意味がある。でも、その価値観をみんなに、押し付けるという点が問題なわけです。

次のページ:ピッチャーとバッターの1対1の対決を楽しもう。最優先は楽しむこと。

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 安田 未由

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

滋賀に現れた163センチのショートがプロ志望を表明!憧れは田中幹也(中日)【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】