News

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20


森 大監督(浦和学院)

19日、今夏の甲子園第2回運営委員会が大阪市内で開かれ、8月7日開幕の本大会の試合開始時刻と、4日の抽選会開始時刻などが決まった。

今大会は暑さ対策をさらに推し進めるため、「2部制」の導入が決定した。熱い日中の試合開始を避け、午前と夕方に試合を始めるというものだ。この2部制は一日3試合が行われる日に限って導入される。

2部制が行われる3試合日は、大会前半3日間に集約する。
大会第1日は、8時30分に開会式が始まり、第1試合を午前中に行う。第2試合と第3試合は夕方以降に実施される。大会2日目と3日目は第1試合と第2試合を午前、第3試合を夕方に実施する。
一日4試合が行われる第4日(8月10日)から準々決勝(19日)までは、昨年までと同じ時間割となる。

この2部制について、昨夏の甲子園の初日第3試合を戦った浦和学院の森大監督は、「この2部制は本当にありがたいです」と歓迎した。

昨年の浦和学院は、午前9時に始まった開会式後、球場周辺に残りながら第3試合まで待機した。加えて第1試合が3時間、第2試合が2時間40分とかなり長引いたため、浦和学院の試合開始は17時35分になってしまった。
「本当に調整が難しかったですね。それは相手の仙台育英さんも条件が同じだと思いますが、9対19という点差になったのは、この影響は否めないと思っています。2部制という形が最初から分かっていると、我々もそこに向けて調整がしやすいですね。もちろん夏バテ対策にもなります」
この2部制。実際に始まってからはどんな感想が聞かれるだろうか。

【関連記事はこちら】
・今大会の日程詳細

 

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?