第363回 明徳義塾高等学校 古賀 優大選手「探究の『肩』と研究の『リード』で真の『女房役』へ」2016年01月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]運命の「捕手途中出場」から明徳義塾で飛躍
[2]悔しさを重ね、最後の冷静さで初甲子園へ
[3]強肩を際立たせる探究の「古賀流ステップワーク」/ 研究のリードを磨き「真の女房役」に

 2002年夏の甲子園全国制覇捕手の筧 裕次郎(元オリックス・バファローズ)やオリックス・バファローズの女房役として活躍する伊藤 光。最近でも拓殖大の新主将に就任した杉原 賢吾など好捕手を輩出する明徳義塾(高知)で、現在正捕手を務めるのが古賀 優大(2年)である。二塁送球1.8秒台の高校球界屈指の強肩に加え、最近はリード面でも成長著しい古賀が語る「女房役」の流儀とは?高知県須崎市の明徳義塾野球部寮「青雲寮」で話を聴いた。

運命の「捕手途中出場」から明徳義塾で飛躍

古賀 優大選手(明徳義塾高等学校)

 2013年5月のゴールデンウィーク。春の高知県大会決勝戦で高知商に敗れ、春季四国大会出場を3年ぶりに逃した明徳義塾野球部・佐藤 洋部長は、夏の体験練習会参加に見合う中学生選手を探すべく、四国内のある中学硬式野球練習試合に足を運んでいた。

 そこで目に留まったのは福岡県のフレッシュリーグ「友愛野球クラブ」投手を務め最終回に捕手で出てきたある選手。矢のような二塁送球にひと目で惹かれた佐藤部長は当初予定していた選手でなく、その選手に体験練習会参加を「捕手」として要請する。
「最初はびっくりしましたけど、やるなら捕手として高いレベルに立って、自分のレベルを上げることに挑戦する価値があると思いました」

 その後、2014年に明徳義塾の門を叩いた男こそ、現在、背番号「2」を背負う古賀 優大。そんな彼にチャンスは意外と早くやってくる。
入寮翌日、新入生だけが参加したノックと打撃練習で手ごたえを得ると、翌日、サブグラウンドの練習では馬淵 史郎監督から直々に声がかかる。

「お前、メイングラウンドでノックを受けろ」

 そして5月の県総体では早くもベンチ入り。途中、右ひざの痛みに悩まされたことで高知大会甲子園のメンバーからは外れたが、「次のメンバーとして考えているからな」と指揮官からの激励を受け、帯同メンバーとして甲子園にも同行した。

 加えて、2学年上・岸 潤一郎(現:拓殖大1年2013年インタビュー)の存在も古賀にとっては幸いだった。時たま巡ってくるブルペンでの捕球で「ストレートはなんとかつかめるが、カットボールなどにはミットが捕球時に垂れてしまう」課題を無言のうちに伝えられ、1年冬には水野 克哉(現:中部大1年)らからグラブさばきや捕球のタイミングなど細部に渡って指導を受けたことにより、キャッチング技術は飛躍的に向上した。

このページのトップへ

【次のページ】 悔しさを重ね、最後の冷静さで初甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

古賀優大
古賀 優大(こが・ゆうだい)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:178センチ75キロ
  • 1998年8月7日・福岡県柳川市出身。柳川市立東宮永小1年の時、7歳上の兄、桂次さんの影響を受け、柳川城内ボーイズで軟式野球をはじめる。3年生から5年生までは捕手を務め、6年生では投手。柳川市立柳城中では「硬式をしたい中で礼儀を学びたいのと、フレッシュリーグを全国に広めたい」想いで友愛野球クラブに進み、主に投手・遊撃手で活躍。
    明徳義塾高では入学時から捕手を務め、1年夏から甲子園ベンチ入り。1年秋からは正捕手として2年夏の甲子園出場に貢献。2年秋には4番打者として四国大会準優勝を果たした。
    遠投110メートル・二塁送球1.8秒台の強肩と、高校通算2本塁打ながらチャンスに強い打撃が特徴。
  • ■選手名鑑
    古賀 優大
【関連記事】
第129回 選抜までにココを成長!神宮大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第609回 優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
第606回 初出場初優勝を狙う創成館か?大エース擁する明徳義塾か?神宮大会決勝の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第614回 田中闘(明徳義塾)「恐怖の攻撃的2番打者。類まれなバットコントロールを生み出した練習法」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs嘉手納【第98回全国高等学校野球選手権大会】
龍谷大平安vs明徳義塾【第88回選抜高等学校野球大会】
明徳義塾vs興南【2016年 練習試合(交流試合)・春】
第207回 【侍ジャパン18U代表】明徳義塾高等学校 岸 潤一郎選手 【2014年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
古賀 優大(龍谷) 【選手名鑑】
古賀 優大(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー