第343回 木更津総合高等学校 早川 隆久投手「全国レベルの攻略困難な投手を目指して」2015年11月26日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]脅威の「防御率0」の一年生左腕
[2]入学当時は外野手、自ら志願した投手
[3]秋の関東大会初制覇!

「防御率0.00」
衝撃的だった。今春の第87回選抜高等学校野球大会前に、発表された各出場校の選手成績の中で、ただ一人、この数字をマークした投手がいる。
それが、木更津総合早川 隆久。この秋の関東大会でも初優勝に大きく貢献し、2年連続の選抜出場を手繰り寄せた。

脅威の「防御率0」の一年生左腕

早川 隆久投手(木更津総合)

 一流投手と呼ばれる投手のタイプは多種多様だ。
大谷 翔平投手関連記事のように剛速球を投げ込む怪物もいれば、松井 裕樹投手のように魔球と呼べる縦スライダーを投げる投手もいる。
他では杉内 俊哉投手2014年インタビューのような、打者から打ちづらいと感じさせる投球で一流投手の地位を築いている投手もいる。

 脅威の防御率0を記録した投手は、杉内投手のように打ちづらさを武器に高校野球のトップクラスの左腕と称される早川 隆久木更津総合)。
この驚くべき防御率は1年秋で残した数字である。

 早川の最大のウリは出所が見づらいフォームから繰り出すキレ味抜群のストレートだ。そのスピードは130キロ前半から後半と決して速くない。しかし球速以上にキレを感じさせるストレートに打者はまともに当てることができず、凡打の山。
昨年の秋季大会では36イニングを投げて無失点。3試合連続完封を成し遂げるなど、まさに衝撃的なデビューを飾った。

 今春の選抜大会ではMAX139キロを計測。2試合に先発し、12回を投げて勝利投手となる。また、今秋の千葉県大会では強打の専大松戸準決勝で対戦し、1対0で完封勝利を挙げ関東大会出場を決めた。

 打者から打たれにくい術をしっかりと持ち、高校生左腕として標準以上である140キロ前後の速球を投げる今の早川はさらに貫禄が増したといえる。

 そんな早川だが、横芝中学時代は、現在千葉黎明でエースを務める川口 廉に次ぐ二番手投手。木更津総合に入部した当初もさほど目立つ存在ではなく、外野へコンバートされていた。ではいかにして、早川 隆久は2016年度を代表する実戦派左腕へと到達したのだろうか。

このページのトップへ

【次のページ】 入学当時は外野手、自ら志願した投手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

早川隆久
早川 隆久(はやかわ・たかひさ)
【関連記事】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
木更津総合vs幕張総合【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
千葉敬愛vs木更津総合【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会】
第438回 木更津総合高等学校  佐々木駿選手 「チャンスを掴める選手は毎日努力してきた選手」 【2016年インタビュー】
木更津総合vs東葛飾【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】
侍ジャパンU-18代表vs中国代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
第340回 木更津総合高等学校 山下 輝選手「目指すは重苦しい雰囲気を打破できるスラッガー」 【2015年インタビュー】
第339回 木更津総合高等学校 峯村 貴希選手「高校でも日本一の栄冠を目指す」 【2015年インタビュー】
早川 隆久(木更津総合) 【選手名鑑】
木更津総合 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー