Column

DeNAの剛速球リリーバー・徳山壮磨は、過酷な生存競争を勝ち抜いた「剛腕サバイバー」だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.16』】

2024.04.21


大阪桐蔭時代の徳山壮磨

皆さん、こんにちは!! 『高校野球ドットコム』の河嶋です!
今回はDeNAの徳山 壮磨投手(大阪桐蔭-早稲田大)を取り上げていきたいと思います。

今年初めて開幕一軍入りした3年目の徳山投手は、ここまで7試合に登板して無失点の投球。立派に一軍の戦力となっています。徳山投手はもともとコントロールの良い本格派右腕というイメージでしたが、今は150キロ中盤の剛速球投手へ変貌しています。大卒から2年で自分の生きる道を掴んでいるのは大阪桐蔭、早稲田大での経験が大きいと見ています。

センバツの一次登録外から奮起し、大会直前で

徳山投手は中学時代、兵庫夢前クラブでプレー。甲子園で活躍することを夢見ていましたが、いざ大阪桐蔭に入学すると、同期は精鋭揃い。その中には中学で日本代表投手になった選手たちまでいました。
それでもコントロールがよく、キレの良いストレートを投げる徳山投手は、1年秋にリリーフとしてベンチ入り。神宮大会も経験します。オフシーズンには地道なトレーニングに取り組みました。当時のインタビューでこう話しています。
「自分は体が弱く、西谷(浩一)監督からも『まずは体作り』と言われていたので、走り込みやウエイトトレーニングは人一倍やりました。特にキツかったのはポール間を片道10本走るのですが、それを毎日3~4セット。それ以外にも坂道ダッシュや、低いネットを左右にジャンプしながら飛び越えたりして下半身を鍛え、体に芯を作ることを意識しました」

インタビューに答える大阪桐蔭時代の徳山壮磨

その甲斐もあって、2年の春を迎える頃には球速が138キロから143キロまでレベルアップ。しかしながら紅白戦で1回6失点の不調に陥ってしまいます。結果、センバツの一次登録では外れてしまいます。なかなか思い通りの投球ができず、涙を流しながらポール間を走っていたこともあったといいます。
「どうしたら良いのかも分からず両親に電話をしたのですが、その時『メンバー外なんだから、もう怖がることはない。お前は思い切り投げるだけだ』と言われたんです」

この言葉に奮い立った徳山投手は気持ちを切り替え、西谷監督にシートバッティングからマウンドに上がることを直訴。
「チャンスを絶対に掴んでやる」という思いを込めてボールを投げ続け、好投を続けます。チーム内で故障者が出たこともあって、センバツ直前の最終登録でメンバー入りします。土佐戦で甲子園初登板。その後も大阪桐蔭のエースとして、3年春にはセンバツ優勝に導き、3年夏も厳しい大阪大会を勝ち抜いて、甲子園ベスト16。高校日本代表にも選ばれました。高校3年生の時は140キロ中盤の速球、スライダーをきっちりと投げ分け、大事な場面で抑える姿は逞しく感じました。卒業後、徳山投手は早稲田大へ進学します。

日本代表として活躍した徳山壮磨

次のページ:
早稲田大では今までの技術を捨てて151キロ右腕に 小宮山監督もメンタルを絶賛」
「大化けで一軍のマウンドを勝ち取る」

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?