Column

奥川恭伸の復活勝利は“伝説の始まり”だ! 「すべてのボールが決め球」だった高校時代から持っていた超一流投手の思考【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.24』】

2024.06.16


星稜時代の奥川恭伸

皆さん、こんにちは!! 『高校野球ドットコム』の河嶋です!
今回はヤクルト・奥川 恭伸投手を取り上げていきたいと思います。

ようやくこの日が訪れました! 14日のオリックス戦に登板した奥川投手。808日ぶりの一軍マウンドで5回1失点の好投を見せ、980日ぶりの勝利をあげました。ダッグアウトでウイニングボールを受け取り号泣する映像を見て、私も心が揺さぶられました。

星稜高校3年間の奥川投手は、プロでも超一流の活躍を確信させる投手でした。ピッチングだけではなく、本人が語る投球の意図もまた、同世代の投手と比べると一歩も二歩も先を行っていました。

中学生の時から支配的な投球を実践

奥川 恭伸投手の名前を初めて目にしたのは、1年秋の大会が終了した後でした。2018年のセンバツ出場候補を調べていくと、1年生ながら強豪・星稜のエース格の活躍を見せていたのが奥川投手でした。
さっそくインタビューを行うと、その投球に対する考え方に驚かされました。奥川投手は宇ノ気中時代に全国大会で優勝を経験していますが、当時の心境を聞くと、こう答えたのです。
「ピッチングで心掛けていたのは、試合の流れとか大丈夫な回と危ない雰囲気の回の配分です。ピンチの時にしっかり投げられるように配分を考えてやっていました。速い球とかすごい変化球とかじゃなくて、試合全体を考えて勝てるピッチャーを目指していたんです」

大学生や社会人の投手が実践していそうなことを、奥川投手は中学生の時点で考えていたのです。

星稜時代の奥川恭伸

星稜に入学すると、1年秋から主力級の活躍を見せますが、自身は物足りなさを感じていたようです。
「宇ノ気中学の時みたいに『勝てるピッチャー』になりたいです。そのためにはストレートも変化球も今よりももっと良くならないと到達できない。何回りも大きいピッチャーになりたい。自分は“甲子園優勝”を目標にしているので、そういうピッチャーになりたいです」

2年春、甲子園に初登場した奥川投手は躍動感がありました。左足を勢いよく踏み込んでオーバースローで投げ込むストレートは常時140キロ前半でしたが、切れがあり、スライダーの精度も抜群でした。センバツでベスト8入りし、いきなり結果を残します。
夏にはさらにストレートがレベルアップし、150キロを超えるまでに成長していました。こうした活躍が認められ、2年生ながら高校日本代表入りしました。

代表が終わり、チームに戻ると、北信越大会で優勝。神宮大会を迎えるまで45.1回を投げて、56奪三振、3四死球、6失点と圧巻の投球を見せてくれました。神宮大会の目玉投手となった奥川投手は初戦の広陵戦でも快投を見せます。

名将、ドラフトの目玉も絶賛した神宮大会の快投

立ち上がりから三振ラッシュ。最速149キロの速球、130キロ近いスライダーに加え、この試合から投げ始めたフォークで次々と三振を奪い、7回11奪三振の快投。広陵は中国大会で創志学園西 純矢投手(阪神)を攻略しているチームであり、そのチームが奥川投手に太刀打ちできなかったのは衝撃的でした。初回はすべて三振に打ち取っていますが、いきなり打たれると勢いづかれてしまうため、三者三振を狙ったといいます。

奥川投手の快投について、広陵の中井 哲之監督はこう話しています。
「西君を打つために練習をしてきたので、スピードは対応できました。西君の方が速かったくらいです。ただコントロールや緩急、精度は奥川君の方が上でした。
特にフォークボールがすごかったですね。今日は真っすぐでは三振していませんが、フォークで三振していました。130キロくらいのフォークが切れる。そこが見切れればもう少し違ったかと思いますが、これまであんな投手はいなかったし、練習をしたことはない。キレ・高さ、変化球でストライクとれるし勝負ができる。スライダーもあってストライク先行で失投を仕留める以外なかった」

そしてこの試合、当時1年生ながら広陵のスタメンだった宗山 塁内野手(明治大)も驚きのコメントを残していました。
「ストレートに狙いを絞ってヒットを打つことができましたが、投げる球種がすべて決め球に見えました。ストレートの切れ、制球力、変化球の切れは今まで対戦した投手の中では一番でした」

次のページ:独自の投球フォーム理論を力説/伝説となった智辯和歌山戦はベストピッチング

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国ベスト8以上進出校一覧7・16】青森山田と八戸学院光星が8強入りし、準々決勝で対決!山梨、佐賀でも8強名乗り、北北海道では4強が決まる

2024.07.17

元営業マンの監督が率いる大阪学院大高が夏初戦、春初優勝の勢いを夏にぶつける!17日大阪大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

シード国士舘が過去5戦全敗の強敵・ノーシードの日大三に挑む!17日西東京大会【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」