Interview

最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】

2020.01.18

 全国各地から逸材が多く集まる大阪桐蔭。ポテンシャルの高さではこの世代どころか、歴代の大阪桐蔭の選手の中でもトップクラスの素質を秘めたのが1年生左腕・松浦 慶斗だ。186センチ84キロと恵まれた体格から最速146キロのストレートを投げ込む。2021年の世代を代表する左腕になりうる松浦の軌跡を振り返っていきたい。

なぜ旭川から大阪桐蔭に接点を持つようになったのか?

最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 | 高校野球ドットコム
1年生左腕・松浦 慶斗(大阪桐蔭)

 松浦が野球を始めたのが小学校1年生から。もともと宮城県の石巻市出身の松浦は親の転勤の都合で、北海道の旭川市に引っ越し。小学校5年から投手をはじめ、小学校6年には北海道日本ハムファイターズジュニアのセレクションを受ける。このセレクションは3回あり、まず一次試験では1000人から150人に絞り込み、二次試験では150人から30人程度まで絞り込み、最終試験では30人で紅白戦を行い、18人を選ぶという狭き門を潜り抜け、松浦は北海道日本ハムジュニアに選出され、2015年のNPBジュニアトーナメントに出場する。

  ちなみに松浦は古谷優人江陵-福岡ソフトバンク)がいとこ。高校時代から150キロを超える速球を目の当たりにしていた松浦は「直接は教えてもらっていませんが、古谷さんのようなストレートは投げたいと憧れを持っていました」と振り返る。

 そして中学では自宅から自転車で通える旭川大雪ボーイズに入団。冬になると、グラウンドが使えない。その中で、雨天練習場や体育館を借りながら練習を積んだ。

「人工芝が使えるところではピッチング、バッティングの実技。使えないところでは、ひたすらトレーニングをして体を鍛えていました」

 そこでもエースと主軸打者を務め、チームの柱として活躍。中学1年には身長170センチだったが、中学3年には185センチまで伸び、ストレートの球速は120キロ程度から138キロまでスピードアップ。その球速アップは体の成長だけではなく、旭川大雪ボーイズに投手専門のコーチから投球フォーム、感覚などあらゆるところまで教わったことで、大きく伸びた。旭川出身の松浦が大阪桐蔭と接点を持つようになったのか。

 それは昨年8月に行われたボーイズの全国大会でベスト8に進出したことがきっかけだった。ここでの活躍が大阪桐蔭の関係者の目に留まり、またU-15代表の池田陵真(忠岡ボーイズ)からも「一緒に大阪桐蔭で野球しよう」と誘われた。そして松浦はさらにうまくなりたい思いがあった。

「北海道では物足りないというわけではないのですがうまい人と一緒にプレーして自分を高めたかったからです」

 強い上昇意欲をもって大阪桐蔭への入学を決める。

[page_break:高校で直球を磨く重要性を痛感]

高校で直球を磨く重要性を痛感

最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 | 高校野球ドットコム
指導を受ける松浦 慶斗(大阪桐蔭)

 その気持ちは正しかった。入学するとレベルの高さを痛感する。練習試合や、シート打撃で先輩たちに投げると、これまで通用していた武器が通用しない。

「中学時代、自分が得意だったのは速球ではなく、変化球だったんです。中学時代、変化球を投げればごまかせました。しかし高校に入ってことごとく打ち返されて、じゃあどうすればいいかと思ってストレートを投げるとき、思い切り腕を振っていったら、抑えることができて、ストレートで攻めようと思いました」

 またその姿勢は西谷監督や投手コーチの石田コーチから薦められた。

「自分はストレートを投げる際、コントロールを意識してうまく合わせようとする意識があったのですが、そうではなくて、コントロールを気にせず思い切って腕を振って行けとアドバイスをもらいました」

 投球練習から強く腕を振ることを意識し、昨夏には142キロに到達。また高校に入ってからは、中距離走、インターバル走、体幹を鍛えるTRXなどを行い、課題だった下半身と体幹を鍛えていき、平均球速を高めていき、昨秋にはベンチ入りを果たす。

 昨秋の公式戦では限定的だったが、リリーフで好投。近畿大会の立命館守山戦では、最速146キロのストレートを投げ込み、観衆を驚かせる。ただ松浦自体は自身の速球には納得していない。

「146キロを計測したストレートはボール球でしたので、あまり良いストレートではなかったと思います。自分が満足するストレートでスピードを出せればと思いました」

最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 | 高校野球ドットコム
松浦 慶斗(大阪桐蔭)

 そして近畿大会準決勝・智辯学園戦では先発。事前に言われてしっかりと準備したが、初先発はこれまでの公式戦のマウンドとは比べものにならない緊張感があった。

「本当に緊張していましたし、相手打線もすごくて、相手の応援もすごくて、マウンド上で震えていたと思います。まだああいうチームには自分のストレートは通用しないんだなと思いました」

 結果は4回を投げて5失点。超高校級打線に触れたことで、コントロール、変化球の精度、あらゆる面で課題となった。

 後編では現在の課題へ向けて、どんな取り組みをしているのかをうかがいました。⇒(後編を読む)

(取材=河嶋 宗一

最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 | 高校野球ドットコム

 春夏合わせて8度の全国制覇を果たし、いまや全国の高校球児、中学球児の憧れとなっている大阪桐蔭
 高校野球ドットコム編集部総出で、現役球児にも参考になる練習方法や選手の考え方など、徹底取材してきました!

 大阪桐蔭の強さ、選手たちの意識の高さを学び、2020年からのチームや自分のスキルアップにつなげていこう!

~予告~ 大阪桐蔭特集2020

1月17日(金)18:00配信
【動画】関戸康介選手特集

1月18日(土)12:00配信
松浦 慶斗選手インタビュー記事

1月23日(木)12:00配信
「西谷浩一監督が語る一流選手になる条件」コラムにて公開!

1月24日(金)18:00配信
【動画】松浦 慶斗選手特集

1月31日(金)18:00配信
【動画】仲三河 優太選手特集

※配信日時は予告なく変更になる場合はございます。ご了承ください。

バックナンバー

12月23日(月)
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!

12月24日(火)
【コラム】3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!

12月25日(水)

【コラム】超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2


【動画】大阪桐蔭のボール回しを肌で感じる!覇気の強さがビンビン伝わる!

12月29日(日)

【コラム】ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開!


【動画】大阪桐蔭のトレーニングを公開!他にはない一味違った方法が多数!

12月30日(月)

【インタビュー】もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】

1月3日(金)

【動画】スペシャル編 大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」

1月6日(月)
【インタビュー】憧れは野茂英雄。世界一、日本一の投手になるために1分1秒を無駄にしたくない 関戸康介(大阪桐蔭)【後編】

1月10日(金)18:00配信
【動画】全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る

1月12日(日)12:00配信
【インタビュー】大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」

1月15日(水)12:00配信
【インタビュー】伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍!

1月17日(金)18:00配信

【動画】藤江星河(大阪桐蔭)の切れ味抜群のクロスファイアー!決め球のチェンジアップも解説!

高校野球ドットコムチャンネル

関連記事
他のインタビュー記事はこちら!
◆中京大中京の注目スラッガー・印出太一に迫る⇒「高橋監督を日本一の男にする!」と宣言した男気溢れる大型捕手!
◆明石商の注目スラッガー・来田涼斗に迫る⇒ドラフト1位になるための課題

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.12

鹿児島水産、1点差で競り勝つ!シード・樟南も快勝【鹿児島大会6日目】

2024.07.12

センバツ準V・報徳学園がコールド発進も、プロ注目右腕がピリッとせず…九州国際大付、東海大福岡は16強入り【全国実力校・11日の試合結果】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】