Interview

春季長崎大会を制した長崎日大の“飛ばない新基準バット”との向き合い方

2024.04.11


長崎日大・平山清一郎監督

春季長崎県大会で2季連続16回目の優勝を飾った長崎日大。平山清一郎監督に、今季より導入された「低反発バット」について話を聞いた。
センバツでもスタンドインしたホームランはわずか2本。“飛ばない”“打球速度が落ちる”新バットの影響は大きかった。長崎日大はどのような対応をしたのだろうか。

「とくに何を対策したというわけではなくて、とりあえず慣れることが一番かなと思って…」
と平山監督。
変わることに目が行きがちだが、打撃の基本が変わることはない。いつもの練習をきちんとこなす中で、慣れていくことが大事だということだ。

「練習でも、低反発バットを使ってバッティング練習をしています。冬の時期には1キロの木製バットを使う練習もあるんですけども。今年は極力そういうようなものを減らして、低反発バットを使う機会を増やしました」。

一方、守備については、意識づけする点が多くあった。
「風で打球が死んだり(失速したり)するので、ボールは諦めずに取りに行かなきゃいけません。変則的な打球や大飛球でも、内野が一生懸命、諦めず追うなど守り側を意識づけすることが多かったかなと思います」。
結果として、長崎日大は県大会を制した。変化に対して、どのように対応するのか、もしくは対応しないのか。取捨選択も指揮官の腕の見せ所なのかもしれない。

平山監督はまだ、低反発バットへの回答を出してはいない。
「色々と模索しながらの戦い方になります」。
低反発バットへの最適解を探す戦いは続く。

<関連記事>
◆サヨナラで春季大会優勝 長崎日大・平山監督「大差で負けていた可能性も十分にあった」 海星相手の劇的勝利に感じた選手の成長
◆【九州】20日から九州大会が開幕、10日の沖縄決勝で出場校が出揃う
◆【一覧】高校日本代表一次候補39人
◆【九州地区春季大会注目選手リスト】宮崎学園の大型左腕、鹿児島実の147キロ右腕など25人のプロ注選手たち
◆【一覧】全国各地区春季大会組み合わせ

 

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?