試合レポート

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22


田中空(日本福祉大付)

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

<春季愛知県高校野球大会:日本福祉大附7-5中部大一>◇21日◇3回戦◇刈谷

地区予選では大府を下して知多地区1位で県大会進出を果たした日本福祉大附は、このところ、ある程度安定した成績を残せるようにもなってきている。シード校として登場した県大会でも、初戦で名城大附を下している。

中部大一も、名古屋地区予選ではリーグ戦1位校の決勝トーナメントでは東邦を下すなどして、地区3位となっている。県大会でも初戦で尾張地区の大成を下して3回戦に進んだ。県内でも、中堅私学としての評価を得ている両校。好試合が期待された。

日本福祉大附の先頭打者・吉川 侑摩内野手(3年)が、いきなり右翼線へ三塁打を放って試合が始まったが、中部大一治京 蒼空投手(2年)は、その後は連続三振と凡打で打ち取り、事なきを得る。

中部大一は2回、この回先頭の河内 利喜内野手(3年)の中前打から始まって無死満塁として、死球で押し出しとなり先制点が入る。さらに犠飛と2番・堀田 琉生内野手(3年)の右前適時打、四球後、4番・篠田 光一外野手(3年)の中犠飛でこの回4点が入って、中部大一が主導権を握る形となった。この回、日本福祉大附の左腕・澤田 正吾投手(3年)は、やや制球が乱れて、3四死球となってしまったのが悔やまれた。

追いかける日本福祉大附も、3回に2死二塁から、2番・杉浦 伯和内野手(3年)の右前打で1点を返す。さらに6回には失策で出た走者を一塁において、6番・光本 匠馬外野手(3年)が左翼ポール際へ2ランを放った。決してパワーヒッターという感じではないが、飛ばないバットと言われている新基準バットで、まさにしっかりと芯で捉えた打球だったと言っていいであろう。

日本福祉大附は、この一発で流れを呼び込む形となった。

中部大一・谷口 春樹監督は、相手に行き掛かった流れを止めたいという思いもあって、7回からマウンドには10番をつけたややサイドハンド気味の尾野 魁仁投手(3年)を送り出した。しかし、結果的には、これが裏目に出てしまったことになった。

7回、先頭にストレートの四球。続く内野ゴロが送球ミス。さらに、バント悪送球となって同点。なおも無死一、三塁という場面で、3番・浅野 柚樹外野手(3年)は力まずしなやかに運んで中犠飛。ついに日本福祉大附は逆転した。さらに、途中から三塁手で出場していた5番・田中 空内野手(2年)がしぶとく三遊間を破って二塁走者をかえす。打球処理ミスもあって、さらに2死三塁という場面で、前の打席で流れを呼び込む2ランを放っていた光本が、今度は三塁線を襲って内野安打としてこの回4点が入って、7点目となった。なおも、満塁まで攻めたものの、さすがに日本福祉大附の打者10人の猛攻もこの回はここまでだった。

完全に試合の主導権が入れ替わり、澤田投手も、走者を出しながらもしっかりと凌いでいった。

9回に、中部大一は竹内、篠田と中軸の連続長打で1点を返すものの、そこまで。最後は、澤田投手ももう一度ギアが入って三振、外野飛球で打ち取った。

日本福祉大附としては、前半にリードされながらも、粘りも見せて逆転という形で、会心の勝利と言ってもいいものだった。

山本 常夫監督も、「よう勝ちましたね。練習試合や遠征も含めて、いろんな経験してきていますから、それが生きてきたんと違いますか。こういう粘りを見せてくれると嬉しいですね。澤田も、あまりよくないから2回のところで、もう代えようかとも思ったんですが、次の回からまた球がかかるようになってきたので放らせました。気の持ちようもあるんかなとも思います。ちょっと、計算できんところもある投手なので…」と言いつつも、選手たちの粘りには、素直に喜んでいた。

序盤の4点リードを守り切れなかった中部大一。谷口監督は、「こらえきれませんでした。7回のところも、同点で止めておけば、また違ったのでしょうけれども…」と残念がっていた。

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?