Interview

不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】

2019.07.06

 昨年は第100回の記念大会となった夏の甲子園を制するなど春夏連覇を飾り、高校野球界に覇をとなえた大阪桐蔭(大阪)。その歴史に名を刻んだチームで主将を務め、現在は東京六大学の名門・早稲田大でプレーしている中川卓也選手。
 後編では、選抜甲子園以降のチームの状況や、大学野球での苦悩についても迫っていく。

中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】

非科学的なことをすることで忍耐力が付く

不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 | 高校野球ドットコム
打撃練習中の中川卓也(早稲田大)

 センバツ直後の春季大会はメンバーがガラリと変わったこともあり、チーム内の競争が熾烈になった。
 「メンバー外だった選手からしてみればチャンスですから、グラウンドの上ではみんながライバルという雰囲気で、夏まで緩むことなく練習をすることができました」

 6月頃からは夏の暑さを想定した練習も始まった。
 「長袖の上にVジャンとグラウンドコートを着て、さらにマスクを付けてグラウンドを10周走りました。そのあとアップとトレーニングをして、ポール間を走って、練習をして、ランをして終わるというスケジュールだったのですが、西谷(浩一)監督は『非科学的なことをすることで忍耐力が付く』と話されていて、6週間もの間、毎日、やっていました。正直、とてもキツかったのですが、『絶対に春夏連覇をしたい』という思いがあったので、ミーティングでは『一日一日を大切にしないと後悔するし、大切にしたところで連覇できるかは分からないのだから、ムダにできる訳がない』と気を引き締めていました」

 7月になり、北大阪大会が開幕。中川選手は大会前から「ダメ出しだけだとモチベーションが下がってしまうのでガミガミ言いすぎないように、かつ、おだてすぎないように、かなり気を使っていました」という。
 そして、「注目されているのは分かっていましたが、『プレッシャーで実力が出せないということがないように、むしろ試合で力に変えていこう』と声を掛けました」

不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 | 高校野球ドットコム
大阪桐蔭時代の中川卓也(早稲田大)※写真は春季近畿地区大会の優勝時

 順調に勝ち上がった大阪桐蔭は準決勝で宿敵・履正社と対戦。8回裏に逆転を許し、9回表も二死走者なしまで追い詰められたが、土壇場で3点を奪って辛くも勝利。その試合、3番で出場していた中川選手も二死一塁の場面で打席に立ったが、フルカウントからファウルで粘って四球を選び後続につなげた。

 「あの場面では『4番の藤原につなげば何かが起こる』という自信がありました。ピッチャーもバッターもみんな信頼しあっていましたし、苦しい練習を積み重ねていたので『こんなところで負けられない』という気持ちもありました」

 難敵を下して夏の甲子園へコマを進めた大阪桐蔭は全国の舞台でも躍動。目標だった春夏連覇を達成した。
 「周囲からは『王者・大阪桐蔭』という呼ばれ方もしましたが、細かなところを見れば技術的に足りない部分もありますし、自分たちの弱さも知っているので、チャレンジャー精神を持って一試合一試合を戦っていました。優勝してマウンドに集まった時は『1年間、苦しいこともあったけれど、キャプテンをやってきて良かった』と思いましたし、整列するまでの間にチームメートから『キャプテン、ありがとう』『ナイス! キャプテン』と声を掛けられて、思わず涙がこぼれました」

[page_break:大学野球の壁にぶつかるも不屈の闘志を胸に]

大学野球の壁にぶつかるも不屈の闘志を胸に

不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 | 高校野球ドットコム
ベストナインの目標を掲げた中川卓也(大阪桐蔭)

 大会後はU-18日本代表に選出され、ここでも主将を務めた。
 「1ヶ月ほどの短い期間でしたが、名の知れた選手たちと一緒に試合ができて良い経験ができました。ただ、優勝できず、とても悔しかったので、いずれリベンジしたいと思っています」

 10月のドラフト会議ではプロ志望届を提出することなく、同級生のプロ入りを見送った。「一緒にプレーしていた選手たちが名前を呼ばれて自分もとても嬉しかったんですけれど、やっぱり心の隅に『羨ましいな』『悔しいな』という気持ちがありました。でも、今の自分ではたとえ指名されたとしても下位だったはずなので、それならば大学でしっかりと鍛えて4年後にプロを目指すことにしたんです」

不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 | 高校野球ドットコム
不屈の闘志を胸に練習を重ねる中川卓也(早稲田大)

 現在は早稲田大でプレーしている中川選手。今春は1年生ながら全13試合に先発出場。
 しかし、「オープン戦では結果を残せていたのでリーグ戦にも使っていただいたのですが、大学ではピッチャーのレベルの高さに驚きました。同じ145キロでもキレや伸びが違いますし、コントロールや変化球の精度も高く、対応に苦しんでいたらあっという間にシーズンが終わってしまった印象です」と、思うような成績を収めることはできなかった。

 ただ、「小宮山(悟)監督からは『悪くないから、自分のスイングをしなさい』と励ましていただきましたし、ピッチャーの力感やタイミングの取り方は、ある程度、頭に入っているので春の経験を秋のシーズンに活かしていきたいです。どんな状況でも『めげない』『投げ出さない』という粘り強さを大阪桐蔭で培ってきたので最低でも3割を目標に、結果にこだわって優勝に貢献したいです」と抱負を語った。

 強いリーダーシップで大阪桐蔭を春夏連覇に導いた中川選手。大阪桐蔭で育んだ不屈の闘志を胸に、大学球界での飛躍を目指す。

文=大平 明

不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 | 高校野球ドットコム関連記事はこちらから
夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地
自分の生きる道を考え続けた3年間 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)
甲子園で活躍するための練習、生活を送ってきた 山田健太(大阪桐蔭-立教大)
コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)

大阪桐蔭特集

6月17日12時 大阪桐蔭 野球部訪問【前編】「夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地」
6月18日12時 大阪桐蔭 野球部訪問【後編】「どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない」
6月19日12時 中野波来主将 インタビュー【前編】「偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代」
6月20日12時 中野波来主将 インタビュー【後編】「知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を」
6月21日12時 宮本涼太選手 インタビュー【前編】 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征
6月22日12時 宮本涼太選手 インタビュー【後編】 そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】
6月23日12時 西野力矢選手 インタビュー 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける
6月24日12時 OB 青地斗舞選手(同志社大学)インタビュー【前編】 大阪桐蔭最強世代の2番になるまでの軌跡
6月25日12時 OB 青地斗舞選手(同志社大学)インタビュー【後編】史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった
6月26日12時 OB 道端晃大選手(同志社大学)インタビュー【前編】 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った
6月27日12時 OB道端晃大選手(同志社大学)インタビュー【後編】「野球は高校野球だけじゃない」恩師の言葉を胸に
6月28日12時 OB 宮崎仁斗選手(立教大)インタビュー【前編】「自分の生きる道を考え続けた3年間 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)」
6月29日12時 OB 宮崎仁斗選手(立教大)インタビュー【後編】「自分の居場所を見つけて勝負ができれば、チームも強くなる 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)」
6月30日12時 OB 山田健太選手(立教大)インタビュー【前編】「甲子園で活躍するための練習、生活を送ってきた 山田健太(大阪桐蔭-立教大)」
7月1日12時 OB 山田健太選手(立教大)インタビュー【後編】「4年後はメンタリティも、技術もプロに進むのに相応しい選手へ 山田健太(大阪桐蔭-立教大)」

7月2日12時 OB 田中誠也選手(立教大)インタビュー【前編】「コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)」


7月3日12時 OB 田中誠也選手(立教大)インタビュー【後編】「研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ」


7月13日12時 OB 中川卓也選手(早稲田大)インタビュー【前編】「今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方」


7月14日12時 OB 中川卓也選手(早稲田大)インタビュー【後編】「不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也という男」

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.17

元営業マンの監督が率いる大阪学院大高が夏初戦、春初優勝の勢いを夏にぶつける!17日大阪大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.17

シード国士舘が過去5戦全敗の強敵・ノーシードの日大三に挑む!17日西東京大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国ベスト8以上進出校一覧7・16】青森山田と八戸学院光星が8強入りし、準々決勝で対決!山梨、佐賀でも8強名乗り、北北海道では4強が決まる

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」