第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】2019年07月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【田中誠也のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]周りはすべて速い投手ばかり。コントロールを突き詰めようと考えた
[2]全国舞台で活躍も敦賀気比戦の投球は自分を変えてくれた

 今年の大学生を代表する技巧派左腕として注目される田中 誠也。ストレートは140キロ前後ながら、空振りが奪え、さらにストレートと同じ腕の振りで投げ込むスライダー、チェンジアップと次々と打者を手玉に取る投球で、大阪桐蔭時代は甲子園優勝、ベスト4に導き、立教大入学後はリーグ通算13勝、2度の最優秀防御率を獲得している。

 その野球人生を追っていくと、投手ならば、誰しもが学べる要素が詰まっていた。前半は大阪桐蔭時代の取り組みについて語っていただいた。


周りはすべて速い投手ばかり。コントロールを突き詰めようと考えた



インタビューに答える田中誠也

 田中の野球人生の始まりは小学校3年生から。左投手ということで、入部のときから投手を始め、試合で投げ始めたのは5年生からだ。

「野球を始めた時からキャッチボールは投球につながると思っていたので、投手の憧れはずっとありました」

 小学校時代の憧れの左腕は智辯和歌山時代の岡田 俊哉(現・中日ドラゴンズ)。細身で球速が速く、切れのあるスライダーを投げ込む姿に惹かれていた。

 今でこそ制球力抜群の左腕として活躍する田中だが、小学校時代、コントロールには自信がなかった。そして生駒ボーイズに進むと少しずつ頭角を表していく。

「練習量は中学のクラブの中ではかなりあるチームで、土日合わせて週5日で練習するチームでした。平日だと17時~22時まで練習をしていて、たくさん走りましたね。コントロールは少しずつ良くなっていたと思います」

 コントロールを良くするためにひたすらピッチング練習を取り組んで、コントロールを良くする感覚を掴んだ。

「僕は理論も大事にしていますけど、感覚も同じくらい大事です。僕は独特の握りをしていて、普通ならば握った時、Cの字になると思うのですが、僕の場合、逆のCのような形で、普通の投手が投げている握りのほうが投げやすいですね」



田中誠也のストレートの握りはシームの形が逆Cになっている

 そして中学では無安打無得点試合を2回、完全試合を1回達成するなど活躍を見せ、大阪桐蔭の門を叩く。大阪桐蔭に進むきっかけとして、
「生駒ボーイズのグラウンドは大阪桐蔭のグラウンドが近かったというのもありますし、僕の中学3年生のときに、藤浪 晋太郎さんがエースとなって、春夏連覇を果たしている姿を見てきて、そういう学校からお誘いをいただいて、中学の指導者、両親からも『いくしかないんじゃないか』といわれ進学を決断しました」

 入学後、練習メニューの質の高さに驚く。

「1つ1つのメニューをしっかりとこなさない後れてしまう感じはありました」

 練習についていくだけではなく、周りのレベルの高さにも驚かされた。

「先輩だけではなく、同級生もみんなボールが速くて、自分はかなり遅い方です。体が大きかったので、凄いところに来てしまったと思いました」

 中学3年生のときの最速は128キロ。同級生には自分よりも速い投手もいて、1年立つと、自分よりも球速が速い後輩投手も入部してきた。それを見てきて田中は「スピードで勝負するのではなく、他の部分で勝負しようと考えました」

 もちろん球速を高めたい考えはあったが、同じことをしていてもライバルに勝つことはできない。そこで、田中はコントロールを突き詰める事を考えた。

【次のページ】  全国舞台で活躍も敦賀気比戦の投球は自分を変えてくれた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

福重 圭誇(尚志館)
田中 誠也(たなか・せいや)
  • 立教大学
  • ポジション:投手
  • 身長:171センチ 体重:68キロ
【関連記事】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第48回 ケガをきっかけに速球派サイドに!山田怜卓(八戸学院光星)はチームに欠かせない絶対的なリリーフエースとなった【101回大会特集】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
田中 誠也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八頭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー