• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!

NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.17

最もNPBに近いチームとは?

■コラムNEW!!
NPBへの最短距離・輩出率で他チームを圧倒する徳島インディゴソックス

 2019年ドラフト会議が終わった。107名(そのうち育成は33名)の選手が指名されたことになる。高校生が51名、大学生36名、社会人11名、そして独立リーグが9名が内訳である。今回のコラムでは、NPBの入団する上でどの「チーム」に入るのが最もNPBに近道なのかを考えてみたい。(記事を読む)

【関連記事】
ピッチャーは4年ぶり!?草野球デビューを果たしたイチロー、きっかけは智弁和歌山? 【ニュース - 高校野球関連】
隠れMVPといっていいパフォーマンスを見せたスラッガー・速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)が参加選手ナンバーワンの強打を発揮! 【ニュース - 高校野球関連】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、都立国立が都大会へ!日体大荏原と都立城東がコールド勝ちした試合を徹底レポート!【14日 東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る