• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!

NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.17

最もNPBに近いチームとは?

■コラムNEW!!
NPBへの最短距離・輩出率で他チームを圧倒する徳島インディゴソックス

 2019年ドラフト会議が終わった。107名(そのうち育成は33名)の選手が指名されたことになる。高校生が51名、大学生36名、社会人11名、そして独立リーグが9名が内訳である。今回のコラムでは、NPBの入団する上でどの「チーム」に入るのが最もNPBに近道なのかを考えてみたい。(記事を読む)

【関連記事】
徳島インディゴソックス第5の男・行木 俊 首位攻防戦で7回ゼロ封! 【ニュース - 高校野球関連】
岸潤一郎が一軍再昇格!数字では測れない勝負強さを期待! 【ニュース - 高校野球関連】
第266回 法律的にも批判されている韓国版「田澤ルール」撤廃。プラスになるような改革を韓国でも【後編】【ドラフト特集コラム】
第265回 2年間の契約不可、契約金不可…。日本の田澤ルールより厳しい「韓国版田澤ルール」の制約とは?【前編】【ドラフト特集コラム】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
山田哲人が復調!履正社高校OBの日本代表選手は?
次の記事:
【愛知】決勝は中京大中京vs東邦!<27日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る