Column

LINEの返信は『ウッス!』、ミーティング中に上の空……高校時代の恩師が語る「紅林弘太郎はオリックスだからこそ活躍できた」

2024.04.23


紅林弘太郎(オリックス)

パ・リーグ3連覇中のオリックスの若きショート・紅林 弘太郎駿河総合・23歳)。高卒からプロ入りして4年、一軍出場398試合、24本塁打、121打点はいずれも同世代トップの数字である。
駿河総合高校時代の恩師・望月俊治監督にプロ入り後、急成長を続ける紅林について分析をしてもらった。

【前編】恩師が語る紅林の高校時代を読む

望月俊治監督

オリックス・牧田スカウトのおかげ

ーーオリックスでは2年目からレギュラーになりました。
望月監督 球団、指導者の方に恵まれていると感じる結果です。本当によくしていただいていると思っています。牧田スカウトは私の前任校(島田商)の卒業生で、仲良くさせていただいていました。牧田スカウトが彼の性格をしっかりと把握して、球団内にも共有していたのが大きかったと思います。
入団後、牧田スカウトから「コーチに紅林の性格について話した」と連絡いただいていましたね。今の活躍は牧田スカウトのおかげです。

ーー3失策した試合のあとに丸刈りをするなど(4月13日)、紅林選手のキャラクターが話題になっています。
望月監督 宇宙人とまではいかないですけど、ちょっと違う子かなと思っていました(笑)。

ーー紅林選手は高校時代のインタビューで「望月監督の型にはめない野球がやりやすかった」と答えていました。
望月監督 ガチガチに型にはめるというよりは、やはりある程度、自由度があった野球の方が彼は伸びるかなと思いましたね。

ーー規律を重んじる野球もあると思いますが、紅林選手はそっちには合わなかったかもしれないと。
望月監督 それは分からないですね。彼の大らかな性格を見ると、繰り返しになりますが、自由度の高い指導が良かったと思います。

ーーオリックスの中嶋聡監督は紅林選手のここまでの活躍について、「鈍感力」による部分が大きいと語っています。
望月監督 それは私もずっと感じています。ある意味、自分にとって都合の悪いことは耳に入れないといいますか、そんな特技でもあるのかなと(笑)。たとえば、全体ミーティングの時、自分に必要だなと思った話はよく聞くんですけど、自分にとって必要ではない話は全く聞かないですね。

ーーそれは見ていて分かるんですか?
望月監督 分かりますよ。ずっと横向いてますから! 「おい!しっかりと人の顔を見て話を聞きなさい」とはいいますけど、自分ができていることだったら、「僕には関係ない」という顔をしているんです(笑)。

ーー牧田スカウトにはそのエピソードを含めて話をしたんですか?
望月監督 はい、全部話しました。「人の話を聞かないところがありますが、だからといって怒ってはいけないですよ」と牧田さんがオリックスのコーチに話をしてくれたんじゃないですか(笑)

ーーその話を聞くと、牧田さんがいたオリックスに入って本当に良かったですね。
望月監督 そうですね、牧田さんに助けられている部分が大きいと思いますよ。オリックスがうまくいっているのは、新人はこういう性格を持った選手というのを事細かくコーチに教えて、コーチはそれを頭に入れた状態で指導しているところが大きいですよね。そうですね、牧田さんに助けられている部分が大きいと思いますよ。オリックスがうまくいっているのは、新人はこういう性格を持った選手というのを事細かくコーチに教えて、コーチはそれを頭に入れた状態で指導しているところが大きいですよね。
牧田さんはプロにいかない選手の面倒もみてくれているので。特に静岡出身の選手には志を持って一生懸命やって欲しい思いがあるようです。

駿河総合時代の紅林弘太郎と望月監督

次のページ:LINEの返信は「ウッス!」

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.16

【秋田】夏のシードをかけた3回戦がスタート、16日は大館鳳鳴などが挑む<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?