試合レポート

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22


3回に4点目、5点目を叩き出した中部大春日丘・石井

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

<春季愛知県高校野球大会:中部大春日丘6-1豊橋中央>◇21日◇3回戦◇刈谷

昨秋は、県大会3位に食い込んだ豊橋中央が悲願の東海大会進出を果たした。ライバルともいえる、同じ東三河地区の豊川が今春センバツ出場を果たして、さらには好打者もいて注目を浴びていることも刺激になっているであろう。今春の東三河地区予選では、1次リーグは順当に1位となり、上位4校の決勝トーナメントでも成章豊橋商と難敵を下してのシード校としての県大会出場となった。県大会でも、初戦では苦しんだが、好投手がいる向陽に競り勝っている。

中部大春日丘は、昨夏はベスト4進出を果たして、甲子園出場も具体的に本気で意識できる位置に達してきていると言ってもいいであろう。尾東地区では、系列校の中部大一栄徳星城と競い合っている。今大会では、やや厳しい組み合わせでもあったが、初戦で愛知を下し、前日の愛知産大三河にはリードを奪われながらも粘って終盤に逆転勝ち。勝負強さも示しての進出である。

昨夏のベスト4もそうだったが、中部大春日丘はいつも、終盤まで食い下がっていき、そこで何とかしていくという戦い方が多い。

ところが、この日はちょっと違った。

0対0で迎えた3回。8番からだったが簡単に2死となる。打者一巡で、豊橋中央小栗 遥大投手(3年)に対してまだ無安打だったが、1番・堀 央征内野手(3年)がやっとチーム初安打を放つと、連続四球で満塁となる。ここで4番・椙山 泰輔外野手(3年)が左前へはじき返して、これが2点適時打となる。さらに水野 拓海外野手2(2年)、石井 明日風内野手(3年)が連続二塁打して、たちまち5点が入った。

齋藤 真監督は、この回の5点については、「野球は、わからんものですね。正直、この回の得点は捨てていたんですよ。8番からで代打を出したけれども、簡単に2死でしょう。そこから5点ですからね」と思わぬ展開に嬉しい誤算だったようだ。低い打球を打っていくということも、各打者が心がけていった成果でもあったようだ。

当初から、「3回を投げてくれたら合格点と思っていた」という先発の金田 大成投手(3年)は、その3回を1安打のみの無失点で抑えたことで合格点以上の好投だった。4回からは服部 圭真投手(2年)に繋ぐ。6回途中からは5番・左翼手として先発出場していた背番号1の水野をマウンドへ。7回以降も1安打1死球は与えたものの無失点で4奪三振。まずまずの内容だったと言っていいであろう。

7回には下位打線で追加点を奪い、これがダメ押しとなった。

中部大春日丘としては、いい形の試合内容だったとも言えよう。「昨夏のベスト4のチームに比べると、力は少し落ちるけれども、こういう戦い方ができると、選手たちにも自信になると思う」と評価した。そうした中で、あえて課題としては、「バッテリーの攻め方。相手が張っている球を外して、それでストライクを取ってカウントを整えていくというところでしょう」と、さらなる精度を求めていた。

豊橋中央の萩本 将光監督としては、昨秋の実績もあるということで、今大会も上位進出を目論んでいたところだろうが、1イニングで流れを持っていかれた形になってしまった。それでも前島 史弥投手(3年)、内山 京介投手(3年)らの投手陣は県内でも上位にランクされる充実ぶり。この豊橋中央が、夏はノーシードで来るのは、シード校にとっては、やや厄介な相手ということになることは間違いない。

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?