Column

中山凱(専大松戸)は逸材揃う千葉で最もバランスが良い大型遊撃手だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.02


中山 凱(専大松戸)

千葉県を代表する大型遊撃手として活躍する中山 凱内野手(専大松戸)。1年秋からレギュラーとして活躍し、ここまで2度の甲子園出場、3度の関東大会出場を経験している。関東地区では石塚 裕惺内野手(花咲徳栄)、千葉では颯佐 心汰内野手(中央学院)とともに注目されている。欠点が少なく、走攻守すべてにバランスが整った選手でスカウトの評価も上がっている。

まず高校通算10本塁打を誇る打撃はこの春から木製バットを使用。上のレベルでプレーしたいと考える中山は早めに木製バットに慣れたほうが次につながると考え、冬場から練習を行ってきた。金属バットの時は振り幅が大きいスイングでボールを捉えていたが、木製バットにしたことでスイング軌道はコンパクトになった。
「詰まると飛ばなかったり、しっかりと捉えれば飛ぶ。その感覚がダイレクトで分かるので、自分は木製バットのほうが使いやすいと思っています」
木製バットですでに2本塁打を放っており、少しずつ対応をしている。県大会初戦の木更津総合戦では3打数2安打。第1打席にライトの頭を越える三塁打、第2打席に低めの変化球を拾ってのレフト線への二塁打を放った。まだスイングの強さは足りないが、高校3年春の時点でこの対応力はかなりのレベルにあるといえる。

ショート守備は昨年に比べて洗練されている。打球反応が早く、三遊間の深い位置に追いついて、すぐに送球を行い、ダイレクトスローしたり、センターへ抜けそうな打球を追いついて、軽々と処理してアウトにしたりと、ショートに打球が飛べば安心と思わせるほどレベルが高い。

中山は冒頭にも挙げた石塚、颯佐と比較すると、バランスが良い。石塚ほどの強打はなくても、安定して守れる。颯佐ほどの肩の強さはなくても、打撃は格段に良い。アベレージヒッター型のショートとして人気になるのではないか。昨秋は捕手もやっていて、二塁送球1.9秒台のスローイングを見せていて、いざとなれば捕手もこなすこともできる。夏に向けて好投手との対応力を高めて強打を発揮するようになれば、もっと注目を浴びる選手になりそうだ。

<中山 凱 なかやま・がい>
180センチ70キロ
右投げ右打ち
八千代中央シニア出身
1年秋からレギュラー
1年秋、2年春、2年秋の関東大会に出場
2年センバツ、2年夏の甲子園を経験
<打撃成績>
2年センバツ 9打数2安打
2年夏    8打数4安打

ショートでの守備シーン

<関連記事はこちら>
◆【トーナメント表】春季千葉県大会結果
◆【一覧】春季千葉県大会注目選手リスト
◆【春季地方大会日程一覧】最も遅い東北は6月14日開幕
◆【一覧】全国各地区春季大会組み合わせ
◆【一覧】2024年 高校生ドラフト候補リスト

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?