Column

球界を代表する超一流投手が次々使う謎のボール メジャー移籍選手も愛用するトレーニング器具は「新しい感覚に気付ける」

2024.04.26


MOI-75を手にして語る今永昇太

(この記事にはプロモーションを含みます。)

不思議な「抜ける」感覚を体験するボール

あらゆる野球道具が販売しているようになり、近年では、トレーニング器具も様々な種類が店頭に並ぶようになった。形状はボールでも、通常よりも重たくなっているサンドボール。2色に塗装することで回転をチェックできる練習球。他にも、見た目も感覚もボールと変わりないが、計測器を内蔵することで球速と回転数を同時に測れる最先端のアイテムも販売している世の中だ。
様々な球児に向けて、見た目はボールのままで、あらゆる目的に応じたトレーニングアイテムを販売している。そんななかで、ミズノが販売しているMOI-75(エムオーアイナナジュウゴ)は、見た目は完全な硬式球。言われなければトレーニング器具とは気づかないが、投げてみると、「少し軽くて、抜けやすいかも」と感じるアイテム。ここで初めて通常のボールとは違うことに気が付くが、話によると重量も変わりないという。
となると、大事なのは「抜けやすい」という感覚にあるようだ。

メジャーリーガー、開幕投手も太鼓判のトレーニングアイテム

MOI-75

この摩訶不思議なボール、巨人・菅野 智之投手(東海大相模出身)がオフシーズンに使ったことが報じられ、注目度が高まっている。
ますます謎が深まる1球だが、実はWBCの決勝・アメリカ戦で登板したカブス・今永 昇太投手(北筑出身)、日本ハム・伊藤 大海投手(駒大苫小牧出身)も愛用している秘蔵アイテムなのだ。
球界を代表するピッチャーたちが、どうして「抜けやすい」感覚がある、MOI-75を使うのだろうか。
「普段のキャッチボールでも使いますけど、これ(MOI-75)は指先から離れやすいのが特徴なんです。だから遠心力に負けないように、指先でしっかり抑えつけるように使える効果が期待できるんです。
普段から硬式球だけ使うのは当たり前なんですが、慣れてくるからこそ、新しい感覚が欲しくなるんです。そんなときにこれを使ったり、硬式球に戻ったりすると、新しい感覚に気付けるので、自分は良いと思うんです」(今永)
「NPBに入ってから、球速だけではなくて、キレといったところで勝負しようと思ったんです。改めて球の回転が大事だと思っている時に、これ(MOI-75)に出会ったことで感覚が変わりました」(伊藤)
新たな感覚を得るため。回転を強化するため。思惑はそれぞれだが、確実なのは回転や指先の強化に、MOI-75を使っているということ。そして球界を代表する超一流が重宝するアイテムだということだ。

上手くなって野球が楽しくなるような魅力ある1球

伊藤大海

今永、伊藤が大事にするほど、効果のあるトレーニング器具であるMOI-75。ただ、どうして見た目も重さも硬式球と変わらないのに、「抜ける」と錯覚させることができるのか。その謎の答えは構造にある。
開発に携わった中田真之氏(ミズノ用具開発・企画)によると、慣性モーメント(MOI)(=Moment of Inertia)を、通常に比べて75%になるように設計。硬式球とは違い、中心に鉄球を使用。さらに鉄球の周りには、人気複合バット・ビヨンドマックスで使っているポリウレタンを採用することで実現させたという。
SDGs(持続可能な開発目標)にも即したような画期的なアイテムは、こうした工夫を凝らしたことで、6年の月日をかけて2023年、販売に至った。もちろん回転向上が目的であることは前提だが、もっと大きな意味を持たせていると中田氏は話す。
「野球界全体が次の100年に向けて動き出してきた中で、『新しいことをやらなきゃいけない』って思うんです。やはり、少子化が進んでいる中でも野球人口を少しでも維持させたい。そのためにはプレーヤーのケガ防止や技術の向上をサポートし、一人でも多くの人が野球を継続することに貢献できればと思っています。BLASTMA-Q、そしてMOI-75を発売した背景にもその想いがあります。」
投手はもちろんだが、回転数が増えることで変化が大きくなるため、「野手もシュートしやすくなることで、回転に関心を持つと思います」と送球に課題を持つ野手もターゲットになるという。この使い方には、広島・会沢 翼捕手(水戸短大附出身)も「キャッチャーも使えますよね」と期待の声を上げていた。
特殊なトレーニング器具ではないため、普段の練習のみならず、試合前のアップやブルペンなど、場所を問わずに使えるはずだ。手ごろに使える、というのもトレーニング器具にとっては大事な要素だ。
他のトレーニング器具と比べて、1つ頭「抜ける」魅力を持つMOI-75、見つけた際は一度体験してほしい。
<MOI-75の詳しい情報・使い方はこちらから>
<MOI-75の商品情報はこちらから>

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?