News

たった15分ほどで最適な1本がわかる?!ミズノの最新機器&システムをフル活用した令和の新基準バット選びが画期的!

2024.04.28


自分に合った最適なバットに気づいたのは、3年生の夏だった。
あまりこだわりがなかった分、最適な1本がなかった。最終的に「軽くて振り抜きが良いバットが扱いやすい」と独自の感覚を養われたが、根拠をもって説明できず、本当にベストだったのか定かではない。

MIZUNO TOKYO内の試打スペース

そんななか、スポーツメーカー・ミズノがデータを駆使して最適なバットを解析するというサービス、MIZUNO BIOS(ミズノ バイオス)を始めた。
今回MIZUNO BIOSを体験したのは、東京都千代田区神田に店舗を構える直営店・MIZUNO TOKYO。修理工房をはじめ開放的なレイアウトが印象的な店舗にある試打スペースで計測ができる。新基準バットの導入も相まって、バットへの関心が高まっていた私は、早速足を運んでMIZUNO BIOSを体験した。

計測前の説明模様

計測で使ったバットは、以下の3本を上から順番に使った。
・IxC 1.0
・GxP 2.0
・ミズノプロ オーダー
※バットのグリップエンドにBLASTをつけて計測開始。

計測模様

1本あたり置きティーを5球、計15球を打って計測。解析時間も含めて、およそ15分前後で結果が出てきた。こういったサービスをやると、結果が出るのに時間を要してしまいがち。だがMIZUNO BIOSは待ち時間がほとんどなく、素早く解析されるので、買い物もスムーズに出来る点は素晴らしい。

計測後に解析結果を解説。手に持っているのはVKONG EC

1球ごとの計測もスムーズにできるので、バッティングの時間も手短にできる。全体的に手軽に実施できるMIZUNO BIOSによる打撃計測の結果から導き出された私にとっての最適なバットは、
・IxC 1.0
・IxC 2.0
・VKONG EC
の3本だった。

計測結果を素早く入力できるのも強み

BLASTの計測項目である、インパクトのときのパワーと振り始めからインパクトまでのスピードの2項目をMIZUNO BIOSに打ち込むことで計算・解析がされている。振りの軽いバットから次第に重くするのも、こうした観点から決められているという。

解析結果に基づいて、早見表で最適なバットについて話を聞くことも可能

この結果を踏まえても、たしかにIxCシリーズは振り軽が特長ということで、実際にスイングしていても、気持ちよくバットを振れていた。しかも、現役時代に好んでいたタイプとマッチしている。当時は何となくだった感覚に、自信をもつことができた。

解析結果に基づいて接客を受けている様子

金属バットという大きな買い物をするにあたって、納得して購入できるMIZUNO BIOSのサービスは本当に心強い。たとえその場で購入をしなくても、今後のバットの購入や、自チームで使っているバットのなかで最適なバットがどれなのか。いまの自分にベストな1本を見つけるための基準を明確するという意味でも、解析してみる価値はある。現在はMIZUNO TOKYOのみのサービスになっているため、気になる球児は是非店頭に足を運んでほしい。

<店舗情報>
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-1
TEL/03-3233-7000(売場番号案内)
営業時間/11:00~20:00

【アクセス方法】
<JRご利用の方>
● JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」より徒歩8分

<地下鉄ご利用の方>
● 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B5・B7出口より徒歩4分
● 都営地下鉄新宿線「小川町駅」B5出口より徒歩4分
● 東京メトロ丸の内線「淡路町駅」A2・A4出口より徒歩5分
● 東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・新宿線「神保町駅」A5出口より徒歩6分

詳細情報:https://jpn.mizuno.com/shop/globalflag_tokyo
公式Xのアカウントはこちら
公式インスタのアカウントはこちら

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商