Column

日本代表も納得したユニフォームが一般向けに販売!K-19はこれまでにない高級感だ!

2024.04.05


K-19を手にする羽柴翔太氏

(この記事にはプロモーションを含みます。)

努力の結晶=ユニフォーム

現役時代、ほぼ毎日着用していたユニフォーム。毎日泥だけで汗がにじんだユニフォームは、まさに努力の結晶だった。
ただ決して着やすかったわけではない。汗が染みてしまうと、どうしても重たかったし、それほど動きやすさはなかった。白一色でどのメーカーでも正直同じように見えていた。今回出会ったグロッシーライトメッシュ(以下、K-19)のユニフォームを知るまでは。

今までになかった高級感と軽量感あるユニフォーム

K-19

「こんなに光沢感があるユニフォーム見たことない」

K-19に対する第一印象だ。ツヤがあるというか、高級品に出会ったような特別な感じがある。手触りも気持ちよく、素晴らしいユニフォームだと、すぐに分かった。

その点について、アパレルの企画・開発担当の羽柴翔太氏も、大事にしてきたポイントだと語る。
「球児はもちろん、野球人は光沢感がある商品に惹かれるものなので、どうやって商品に落とし込むか。その点は考えましたけど、軽さもポイントになっている商品です」

そういわれて持ち上げてみると、「こんなに軽いんですか、凄い…」と思わずこぼしてしまった。それは羽柴氏も「心配になるくらいかもしれないくらい、本当に軽いですよね」同じようだった。

「やれることは限られました」と苦労は多かったようだが、羽柴氏は強伸(ユニフォームパンツ)などと同じく、素材と縫製の2つからアプローチを仕掛けることで、商品化に結び付けた。
「目付※を落として軽くすればするほど、耐久性は落ちてしまうんです。ユニフォームパンツ同様に、ユニフォームシャツも前提として求められるのは耐久性です。そのうえで、近年は軽さも求められるようになってきている。
さらに、動きやすさも大事なポイントなので、肩が上がりやすいように、カッティングも工夫しました」

侍ジャパンも納得した仕上がり!

取材に応じる羽柴翔太氏

結果、およそ2年間かけてK-19が完成するわけだが、この商品には特別な思いがあったという。
「WBCの担当することが決まってから、今回のユニフォームづくりが始まったんです。
なので、最初はドキドキしながらサイズを合わせに行きましたし、『選手も気に入っているかな』と想像しながら準備していました」

2023年、日本球界のみならず全国を沸かせたWBCでの侍ジャパンの活躍。このときのユニフォームを担当していたのが羽柴氏であり、今回紹介しているK-19は、WBCで侍ジャパンメンバーが着用したユニフォームズバリの生地なのだ。

長くアパレルの企画・開発を務めてきた羽柴氏は、これまでと変わらず選手たちへ提案をしながらも、丁寧に要望をヒアリング。同時にユーザーからも出ていた光沢感や軽さというポイントを落とし込むことを、大会直前まで続けた。

「ギリギリまで我々も良いものを作ろうと取り組んでいた」結果がキャンプ直前まで時間がかかったということだが、おかげで選手たちは好感触だったという。苦労した甲斐があったというわけだ。

羽柴氏は本戦こそ現地に足を運べなかったそうだが、強化試合は観戦して選手たちの姿を見た。
「我々が作ったユニフォームに、選手たちが袖を通してプレーする。それだけでもこみ上げるものがありましたし、結果的に優勝もしてくれたので、本当に感動しました。
そんな侍ジャパンの思いではないですが、意思みたいなものを、K-19を着用する選手たちが感じてもらえたら嬉しいですね」

K-19は、侍ジャパンの選手たちが着用しているものと全く同じ生地だ。このキャッチコピーだけでも惹かれるものだが、高級感あふれる質感や軽量感は手に取らなければわからない。気になる選手は是非一度、お店で手に取って実感してほしい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】