練習を見つめる伊藤 周作監督

【野球部訪問】
阿部慎之助を育てた名伯楽が就任した高野山は前途多難な船出をどう乗り越えたのか?【前編】

 高野山真言宗が母体となっている和歌山の高野山高校。野球部は1966年春と1988年夏に甲子園出場経験のある強豪で、近年も2015年と2016年に秋の近畿大会に出場している。

 その名の通り、学校は高野山の山中にある。南海電鉄の極楽橋駅からケーブルカーで高野山駅まで登り、そこからバスで10分ほど行くと、高野山高校に到着する。

(続きを読む)