News

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24


鈴木由馬(浦和学院)、石塚裕惺(花咲徳栄)、石井晴翔(昌平)

4月25日から開幕する春季埼玉県大会の組み合わせが決まった。昨秋優勝の花咲徳栄、準優勝の昌平、昨夏甲子園出場の浦和学院など出場50校から逸材を紹介したい。

【トーナメント表】春季埼玉県大会組み合わせ

花咲徳栄、浦和学院、昌平の3強はドラフト候補のスラッガーがチームを牽引

花咲徳栄はドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手・石塚 裕惺内野手(3年)の攻守に注目が集まる。高校日本代表の一次候補に選出され、打撃練習では柵越えの本塁打を披露するなど、小倉全由代表監督も高評価。NPB12球団のスカウトの前で好アピールを見せた。合宿では守備面で課題を感じていたが、成長は見られるか。この県大会で別格の活躍を見せてほしい。田島 蓮夢外野手(2年)は昨秋の関東大会で9打数4安打を記録した左の好打者だ。
投手陣では最速148キロ右腕の上原 堆我投手(3年)、140キロ超えの速球を投げる和久井 大地投手(3年)、大型右腕・岡山 稜投手(3年)も140キロ前半の速球を投げ込む。

上原堆我、石塚裕惺、岡山稜(花咲徳栄)

昌平は左のスラッガー・山根 大翔外野手(3年)、右のスラッガー・櫻井 ユウヤ内野手(2年)に注目。打者としては一発長打が期待でき、投げては左腕から140キロ近い速球を投げ込む。櫻井は1年春から公式戦を経験し、昨夏の埼玉大会でも本塁打を記録した。勝負強い打撃を披露できるか。
石井 晴翔投手(3年)は130キロ後半の速球、切れのあるスライダーで勝負する好左腕。184センチの長身・佐藤 立羽投手(3年)も最速143キロを計測する。投打ともに潜在能力が高い選手が揃い、昨秋からどんな成長を見せているのか。

 

石井晴翔、櫻井ユウヤ、山根大翔(昌平)

昨秋県大会ベスト4の浦和学院の仕上がりも順調。解禁明けの練習試合ではセンバツ出場の山梨学院に8対2で快勝。今月に入ってからはセンバツ優勝の健大高崎に4対1で勝利を収めている。
打者ではプロ注目のスラッガー・三井 雄心内野手(3年)、右のスラッガー・西田 瞬内野手(2年)、木製バットを使用して逆方向に長打が打てる月山 隼平内野手(3年)が軸だったが、この春から藤井 健翔内野手(2年)が浮上。市立船橋山梨学院との練習試合では特大本塁打。健大高崎戦でも打点をマークし、森大監督は「来年はプロ注目打者になりそうです」と期待する。藤井はサードに入り、三井はショートに入った。もともとショートの石田 陽人内野手(2年)も安定した守備を誇り、浦和学院内野陣には欠かせない存在である。
投手陣では最速144キロ右腕の鈴木 由馬投手(3年)は内外角に投げ分ける制球力の高さ、チェンジアップが持ち味。岡部 修弥投手(2年)は左のエースとして活躍。強豪校相手にも好投を見せ、評価を高めてきた。146キロ右腕の山崎 拓海投手(3年)はこの春から好投を重ね、ベンチ入り。森監督も「投手陣が課題でしたが、だいぶ成長してきました」と手応えを感じている。4年連続の春季関東大会も狙える戦力は揃っている。

西田瞬、鈴木由馬、三井雄心(浦和学院)

次のページ:熊谷商の143キロ右腕、埼玉栄の好捕手など県大会でブレイクを狙う逸材たち

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?