レギュラー呼びは禁句?創部43年の上尾シニアのチーム方針

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.03

ティーバッティングを行う上尾シニアの選手たち

【野球部訪問】
創部43年の歴史を持つ上尾シニア。魅力は均等な出場機会から生まれる選手の自主性

 埼玉県上尾市の平方スポーツ広場で練習を行う上尾シニア。1977年に発足して今年で43年目の長い歴史があるチームで、2年生25名、1年20名の計45名で活動し引退した3年生も27名が在籍していた。

 リトルシニア全国選抜大会では3位の成績を2度残すなど実績もあるが、その指導方針はどういったものなのか。チームを率いる溝口勝久監督にお話を伺い、また前チームで主将を務めた3年生の北島 蒼大選手にもチームを紹介していただいた。

(続きを読む)

【関連記事】
第115回 創部43年の歴史を持つ上尾シニア。魅力は均等な出場機会から生まれる選手の自主性【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
最速142キロを誇る185センチ大型中学生右腕・ハッブス大起(上尾シニア)「高校卒業までに155キロを出したい」 【ニュース - インタビュー】
第1283回 投では最速142キロ、打では12本塁打のスーパー中学生・ハッブス大起(上尾シニア)の最大の武器は「陸上選手のようなバネの強さ」 【2020年インタビュー】
【動画】打っても通算12本塁打!怪物・ハッブス大起(上尾シニア)のブルペン投球がエグすぎた 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
太田龍(れいめい出身)の今季最終登板は1回7失点KO。数少ない巨人の社会人組投手は勝負の2年目へ
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る