体を支える脊柱の働きと腰痛

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.15

脊椎の構造を理解しておこう

【セルフコンディショニングコラム】
体を支える脊柱の働きと腰痛

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 暑さによる気候の急変で雷雲が発生したり、台風が近づいたりする気候となりました。屋外で活動する皆さんは日頃から天気予報などで情報収集をしていると思いますが、見上げた空の状態がいつもと違って暗くなっていたり、冷たいひんやりした風が吹く時は要注意です。天気の急変を見逃さず、安全第一で練習に励んでくださいね。さて今回は野球選手によく見られる腰痛について、体を支える脊柱の構造や働きとともに考えてみましょう。

(続きを読む)

【目次】
[1]脊柱が持つ3つの役割
[2]脊柱の構造を知っておこう
[3]腰の回旋動作は胸椎が担う
[4]腰椎の前弯が強くなると腰椎分離症のリスクも

【関連記事】
トレーニングと体の適応 【ニュース - ヘルスニュース】
ビタミン不足はパフォーマンスに影響する 【ニュース - ヘルスニュース】
第254回 体を支える脊柱の働きと腰痛【セルフコンディショニングのススメ】
第252回 練習と同じくらい大切な休養の話【セルフコンディショニングのススメ】
第251回 静的ストレッチはパフォーマンスに影響する?【セルフコンディショニングのススメ】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る