全国大会出場経験もある湖東リトルシニア(滋賀)の今年のチームの最大の長所とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.03

今回は湖東リトルシニアの練習に潜入

【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
コーチ陣、選手一丸となって明るい雰囲気のチーム作りを心掛ける 湖東リトルシニア(滋賀)【後編】

 チーム設立が2012年と歴史は浅いが、これまでに5人の海外派遣選手を送り出すなど、確かな育成力を誇っている湖東リトルシニア。昨年もエースの南琉人がMCYSA全米選手権の日本代表に選出されている。後編では、チームの雰囲気作りに心掛けていることなどに迫る。

(続きを読む)

【目次】
[1]チーム最大の魅力は明るい雰囲気
[2]キャプテンが語るタイガースカップへの意気込み

関連記事
前編を読む⇒◆歴史は浅いが全国大会にも出場経験のある湖東リトルシニア(滋賀)私生活でも幅広い視野を持つ選手を育てたい【前編】
関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】
「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由

【関連記事】
第35回 元プロが率いる湖東リトルシニア(滋賀)が心がけるのは「明るい雰囲気」。この雰囲気で代表選手を続々輩出【後編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る! 【ニュース - コラム】
第32回 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
目標は菊池雄星。中学屈指の左腕・南琉人(湖東リトルシニア)が東海大相模へ進学を決めた理由とは?【後編】 【ニュース - インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第31回 子供たちの自主性を育て全国大会出場へ 大津瀬田ボーイズ(滋賀)【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第29回 空港の目と鼻の先で練習を行う福岡ボーイズ 目指すのは「気持ちの強い選手」の育成【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】

コメントを投稿する

前の記事:
選抜出場とはならなかったが実力は全国級の外野手3名を紹介!【今日のコム注】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る