トレーニング効果は「貯金(筋)」できる?効果的な休養の取り方とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.15

技術練習で得られない負荷をかけて効率よく筋力を鍛える

【セルフコンディショニングコラム】
学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、学校が休校となったり、部活動を自粛したりという状況になりました。選手の皆さんは戸惑いや不安などもあると思いますが、自分自身でできることを続けながら、野球ができるようになるまで焦らずに待ちましょう。今回はパフォーマンスアップのためになぜ野球以外のトレーニングが必要なのか、トレーニング効果は「貯金(筋)」できるのかといったことについてお話をしてみたいと思います。

(続きを読む)

【目次】
[1]休むことも大事
[2]休むと体はどうなるか?

【関連記事】
目に負担のかかる習慣をしていませんか 【ニュース - ヘルスニュース】
短時間でできるHIITとは 【ニュース - ヘルスニュース】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自重トレーニングの強度を変える【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る