様々なキャリア経験で磨いてきたマネジメント力で沖学園を甲子園に導く!鬼塚佳幸監督(沖学園)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.02

鬼塚佳幸監督(沖学園)

【名将の言葉】
これまでのキャリア経験を活かして沖学園を甲子園へ。「監督らしくない監督」鬼塚佳幸監督(沖学園)

 就任1年目にして沖学園を甲子園に導いた鬼塚佳幸監督。鬼塚監督を一言で言うならば、社長である。高校野球の監督というイメージからは程遠いところに位置していると言えるだろう。

 なぜ社長という言葉を選び、ビジネスマンと言わなかったのか。それはこれから説明するが、簡単に言えばマネージメントのプロなのである。ビジネスマンと言うよりは、まさに社長、もしくは部長などマネージメントする立場がぴったりである。

 では早速、鬼塚監督の指導方法をユニークなキャリアと共に紐解いていきたい。

(続きを読む)

【目次】
[1]異色の経験・ホテルマン
[2]専門学校で磨いたアンガーマネージメント/高校野球の監督らしくない監督

関連記事
他の名将たちの記事はこちら
鍛治舎巧監督(県立岐阜商)具体的な数字の達成で成功体験を積み重ねる
大須賀総監督(福井工大福井)『野球部員である前に高校生たれ』!

【関連記事】
第68回 そのマネジメントはまるで社長。就任1年目で甲子園出場を経験した鬼塚佳幸監督(沖学園)の指導法とは【名将たちの言葉】
2018年の快進撃の裏にあった沖学園の食トレの存在。鬼塚監督が取り組んだ改革とは 【ニュース - 高校野球関連】
2年ぶりの甲子園へ!沖学園の秘密兵器・杉山廉仁の魅力に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1128回 福岡の隠し玉!181cmの長身左腕・杉山廉仁(沖学園)に注目せよ! 【2020年インタビュー】
第1127回 沖学園に現れた豪腕・水﨑康平が目指すのは「キレのある150キロ」 【2020年インタビュー】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs種子島・種子島中央・屋久島【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs加治木工【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島城西vs神村学園【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
沖学園 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
奥川から星稜のエースを継いだ荻原吟哉が神宮大会で感じた実力不足
次の記事:
今年は大チャンス! 西武の高卒生え抜きの愛斗(花咲徳栄出身)はレギュラーを奪えるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る