2020年の四国野球はどう動く?四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.11

高校通算29本塁打の山田 響(済美)


四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感

 ついに東京五輪イヤーの2020年がスタート。首都から1000㎞近く離れた四国地区でも徐々に世界最大のスポーツイベントへの機運が高まっている。ではその中で四国の伝統工芸ともいえる「野球」はどのように進んでいこうとしているのか?現状紹介も交えながら占っていきたい。

(記事を読む)

【目次】
[1]高校年代は「ホップ」大学年代は「ステップ」社会人は「ジャンプ」の2020
[2]四国アイランドリーグplus「ドラフト最多指名」へ。NPBもイベント多し

【関連記事】
香川県高野連・昨秋近畿王者の天理を招いての特別招待試合を開催! 【ニュース - 高校野球関連】
3安打1盗塁とバットで足でアピールの西武・岸潤一郎(明徳義塾出身) 昇格目指して二軍で奮闘中! 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
安樂智大(済美)
大手前高松 【高校別データ】
観音寺一 【高校別データ】
海部 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
松山東 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【名選手ギャラリー】驚異の核弾頭・来田 涼斗(明石商)!2020年の高校野球を引っ張るスラッガーの2年間をギャラリーで振り返る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る