【高校野球コラム】
「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!

 令和2年、新しい年が始まって、多くの高校野球チームも新たな気持ちでまずは、来たるべき球春を目指して練習をスタートさせていることであろう。今の時期は、まだまだ体力強化トレーニングやフォームの確認など、基礎練習などがメインになっていることであろう。そして、学年末試験を経て徐々に意識も高まっていくというところであろうか。

 平成最後と令和最初の年となった2019年の愛知県の高校野球。甲子園での成績は春の東邦の優勝、夏のの初戦負けで5勝1敗ということになる。これに、秋の明治神宮大会の中京大中京の優勝を加算すると、昨年の愛知県勢、全国での成績は8勝1敗という数字で、これは決して悪いものではない。さすがに「球国愛知」と誇っていいのではないか。

 そんな前提で2020年、五輪イヤーの愛知県高校野球を展望してみよう。

(続きを読む)

関連記事はこちらから!
小柄な2番ショートが高校1年までの4年間で146キロ右腕になるまで 高橋宏斗(中京大中京)
記念すべき年となった2019年愛知の高校野球!1年を総括する漢字は『誉』しかない!
愛知の高校野球コラム・記事一覧