上原 浩治が語る、緻密な制球力を築く方法はキャッチボールにあり!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.04

▲上原 浩治選手(ボストン・レッドソックス)

【上原 浩治のピッチング・メソッド】
第2回「緻密な制球力を築くには」
NEW!!

 「上原浩治が語るピッチング・メソッド」第2回では、緻密な制球力を磨くためのアドバイスを上原浩治選手から頂きました。

 上原投手の最大の武器であるフォークボール。いずれフォークを習得したいと考えている球児にとって大きなヒントになったと思います。ただフォークは真っ直ぐがあっての変化球。真っ直ぐを追求する姿勢も忘れません。今回は上原投手の緻密なコントロールに迫ります。

(続きを読む)

 

【目次】
[1]打撃投手でコントロールを磨いた高校時代
[2]制球力を高めたいならキャッチボールを大切に


関連記事
上原浩治直伝!フォークを自在に操る方法
上原浩治が考える、理想のフォームの作り方
世界で通用するメンタリティーを上原浩治が伝授!

【関連記事】
ポイントは真直ぐと全く同じ腕の振り?上原浩治直伝、フォークを自在に投げ分ける技術に迫る! 【ニュース - コラム】
大阪桐蔭高校から4人のNPBプレーヤーが誕生【2017年明治神宮大会・高校の部】 【ニュース - 高校野球関連】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
大阪商大堺vs東海大仰星【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第55回 巨人の救世主・増田 大輝(徳島インディゴソックス出身)に思う【四国発】
第85回 巨人M20点灯の立役者!石川 慎吾の高校時代は?【高校野球コラム】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
東海大仰星vs初芝立命館【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
金光大阪vs東海大仰星【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
大阪商大高vs東海大仰星【大阪府 2019年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
東海大仰星vs近大附【大阪府 2019年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
第128回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (後編) 【2013年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
東海大仰星 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【上尾vs羽生第一】 「新生、上尾高校!!  変革の秋」 他5試合
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る