一塁側・三塁側の勝敗、先攻・後攻の勝敗... 独自の目線で切り取る甲子園

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.13

【101回大会コラム】
甲子園、ここまでの26試合を統計で出してみると……

 「第101回全国高等学校野球選手権大会」も折り返しの7日目が終了。ここまで全48試合中26試合を消化し、同時に参加49校中26校が大観衆の拍手に送られて聖地を去っていきました。

 そこで今回は26試合を終えた時点でどんな統計が出ているかを、先制・逆転勝ちの傾向は他のメディアさんにお任せしつつ、独自の視点で出していこうと思います。(コラムを読む)

【関連記事】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
初優勝を掴み取るのは?星稜vs履正社の勝負のポイントとキーマンを紹介 【ニュース - コラム】
第962回 【決勝戦展望】履正社vs星稜の勝負のポイント&キーマンとなる選手は?【大会展望・総括コラム】
タイブレークの戦略を星稜vs智弁和歌山戦から検証する 【ニュース - コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
浦和学院vs済美 part2 寺下友徳の済美観戦記【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
関東大会特別観戦記【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る