強打のチーム作りは県内のライバルに勝つため?!大村工業の熱い夏!【特別編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.13

強打の秘訣はスイングの量にあり?!

【僕らの熱い夏】
大村工(長崎)「打撃のチームの真髄に迫る!」【特別編】

 今年も好評連載中!全国各地の野球部にこの夏に向けてのトレーニングや意気込みを伺った「僕らの熱い夏」。第76回は大村工高校【後編】です。

 2016年夏には長崎大会決勝に進出するなど、県内の強豪として知られる大村工。特別編の今回は、なぜ大村工が毎年強打のチームを作り上げてくるのか、その神髄に迫った。(コラムを読む)


2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会長崎大会
■開催期間:2019年7月11日~7月28日(予定)
■展望コラム【今年の長崎は激戦区!創成館や長崎商など実力校がひしめく夏の長崎大会の展望を紹介!】

【関連記事】
自ら考え、行動する力を持った「楽しみなチーム」!諫早の夏に迫る! 【ニュース - コラム】
「世界一楽しい野球」を目指す大村工業ナインを支える4名のマネージャーに迫る! 【ニュース - コラム】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」【僕らの熱い夏2019】
第67回 高鍋(宮崎)「走攻守すべてで攻める夏にして、決めるぞ甲子園!」【僕らの熱い夏2019】
大村工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
徳島の注目ルーキー服部真琴(徳島インディゴソックス)が野球を続けたきっかけとは?!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る