自信を胸に全力プレーで秋・春を越える新しい歴史を目指す!今市工(栃木)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.10

今市工野球部

【僕らの熱い夏】
今市工(栃木県)創部初の8強入り成し遂げた勢いで新たな歴史を築く!

 今年も好評連載中!全国各地の野球部にこの夏に向けてのトレーニングや意気込みを伺った「僕らの熱い夏」。第8回は今市工です。

 昭和39年に創立され、今年で55年目を迎える今市工。12の運動部と8の文化部があり、ソフトテニス部と自転車競技部は関東大会に出場する強豪として有名である。そして、野球部も2季連続ベスト8に入る実力派チームに成長を遂げた。今回は今市工野球部が夏に向けてどんな取り組みをしているのか迫る!(コラムを読む)

【目次】
[1]2季連続ベスト8に入る実力派チーム
[2]ベスト8が印象深い!/総合力で今市工の歴史に新たな1ページを刻む!

【関連記事】
作新学院が準々決勝敗退 センバツ出場は絶望的に 【ニュース - 高校野球関連】
強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム!攻めの姿勢で聖地を目指す飯島一徹(東農大三)の意気込みとは? 【ニュース - インタビュー】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第927回 夏8連覇中の作新学院に2季連続優勝の佐野日大!2校をとめるチームは現れるのか?【大会展望・総括コラム】
第8回 今市工(栃木県)「創部初の8強入り成し遂げた勢いで新たな歴史を築く!」【僕らの熱い夏2019】
国士舘vs佐野日大【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第903回 関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々!【大会展望・総括コラム】
第949回 「勝ち進む中での自信」と「新しい球種」を踏み台に一つ上のステージへ 松倉亮太(佐野日大)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 「打倒・作新」を胸に「制球力とキレ」を磨き続けた 松倉亮太(佐野日大)【前編】 【2019年インタビュー】
第613回 「ストップ・ザ・作新」に向けた佐野日大のマインドセットに迫る【後編】【野球部訪問】
第612回 佐野日大の秋の躍進を生んだ「団結力」と「守備力」の秘密【前編】【野球部訪問】
桐蔭学園vs佐野日大【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
佐野日大vs東農大三【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
早稲田実業vs聖光学院vs佐野日大【2016年 練習試合(交流試合)・春】
第338回 JR東日本 田嶋 大樹投手「『自分の道』を正しいものとするために」 【2015年インタビュー】
第336回 佐野日本大学高等学校 五十幡 亮汰選手「中学短距離二冠が語る速く走るためのポイント」 【2015年インタビュー】
常総学院vs佐野日大【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
今市・今市工 【高校別データ】
今市工 【高校別データ】
佐野日大 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
高校で野球を楽しむことを目指す西京ビックスターズ(京都)の指導の根底にあるものとは?【後編】
次の記事:
【ギャラリー追加!】スーパー1年生・伊藤樹(仙台育英)なども登場!準々決勝2試合をレポート!【春季東北大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る