激論が予想されそうな近畿地区の選考!ベスト8に入った4チームの戦力分析!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.24

左から西野 力矢(大阪桐蔭)、林 直人(報徳学園)、小橋 翔大(福知山成美)、緒方 隆之介(市立和歌山)

【選抜大会・展望】
激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!

 25日の選抜出場校が決まる。最も気になるのが近畿地区の行方。近畿地区の枠は6枠。例年を振り返れば、近畿大会で2勝しているベスト4のチームは有力。議論になっているのはボーダーラインに入っている準々決勝敗退の4チームのうち選ばれる2校はどこか。

(続きを読む)

【目次】
[1]試合内容は最も良い市立和歌山/センターラインに逸材がいる福知山成美
[2]全国レベルの左腕・林直人擁する報徳学園/選手のポテンシャルの高さならば圧倒的な大阪桐蔭

【関連記事】
2018年春夏連覇の大阪桐蔭メンバーの現在地! 【ニュース - 高校野球関連】
背番号「11」=切り札? これまで背番号11を背負ってきた選手の活躍を振り返る 【ニュース - コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
市立和歌山vs桐蔭【和歌山県 2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
市立和歌山vs和歌山東【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
立命館宇治vs福知山成美【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
京都外大西vs立命館【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手権神奈川大会】桐光学園、横浜創学館が粘り勝ち! 計2試合を徹底レポート!
次の記事:
背番号「11」=切り札? これまで背番号11を背負ってきた選手の活躍を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る