• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • 秋季兵庫県大会ベスト4の公立の雄・社が合言葉を「日本一」に変更した真意とは?!【後編】

秋季兵庫県大会ベスト4の公立の雄・社が合言葉を「日本一」に変更した真意とは?!【後編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.12

秋季兵庫県大会ベスト4に進出した社(兵庫)

「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】

 昨秋の兵庫大会では、小野津名関西学院市立尼崎を退け、4強入りを果たした。準決勝で明石商に敗れた後に臨んだ報徳学園との3位決定戦では延長13回の死闘の末、惜敗。あと一歩の所で近畿大会出場は逃したが、昨夏の甲子園大会でベスト8に輝いた名門を追いつめた一体感のある戦いざまは強く印象に残った。
 後編では、オフの期間の取り組みや甲子園出場に向けた強い決意を伺った。(コラムを読む)

【目次】
[1]オフ期間に実施した新たな試み
[2]チーム全員が高い意識を持つために合言葉を変更

【関連記事】
巧なバットコントロールと堅実な守備が持ち味の京都国際・上野響平主将に迫る!【前編】 【ニュース - インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
阪神淡路大震災から24年、当時の選抜で活躍したスター選手たちを振り返る 【ニュース - その他】
第533回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第531回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第27回 済美のグランドスラム、通算50勝、中学史上初150キロ!2018年「四国の野球」10大ニュース!【四国発】
第524回 細かい野球を追求し悲願の甲子園へ 京都国際(京都)【後編】【野球部訪問】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第819回 エースとしての自覚を胸に勝てる投手を目指す!報徳学園エース林直人 【2018年インタビュー】
第818回 侮れない2番捕手・水上桂(明石商)!来春はいぶし銀の活躍を見逃すな! 【2018年インタビュー】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野田工 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
津名 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
目指すは上沢2世!リトルシニア選手権で存在感を示した原石・岡本陸(江戸川中央シニア)に迫る!
次の記事:
山梨学院が長崎合宿を敢行!名物観光スポットが修業の場に!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る