豊作の予感がする1年生野手たち!彼らの現在地をチェック!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.07

注目の1年生!

02年世代は野手豊作世代だ!プロ入りした先輩たちを凌駕する可能性を持ったスラッガーとショートストップたち【前編】

 来年のドラフトに向けて既に数名の注目選手が現れてきているが、さらに翌年に2020年のドラフト注目選手が早くも台頭してきた。2年後に期待が膨らむ1年生たちを見ていく。(続きを見る)

【目次】
[1]02年生まれを牽引する注目スラッガー陣
[2]逸材豊富のショート

【関連記事】
東京代表のバッティング練習!木製バットで豪快なスイングを見せる! 【ニュース - その他】
第564回 意識から改善しセンバツで勝利を目指す!国士舘【後編】【野球部訪問】
センバツ優勝候補・星稜(石川)が感じた秋季大会とは? 【ニュース - コラム】
第550回 センバツ注目度ナンバーワン・星稜(石川)「現状の実力を再認識した秋季大会」【前編】【野球部訪問】
第835回 石川、野村に注目!第91回選抜逸材ガイドブック!【東日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
名将・我喜屋 優(興南)が実践する基準の作り方
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る