着実に実を結んでいる香川県高校野球の2018年秋を総括!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.03

優勝した高松商のエース・香川 卓摩

【大会総括・展望】
秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策

 優勝・高松商(2年ぶり27度目の優勝)、準優勝・志度、3位・英明、4位・藤井学園寒川で決着した「平成30年度秋季四国地区高等学校野球香川県大会」。37試合中・2点差以内が11試合。ベスト4の4校中、英明を除く3校も2点差以内ゲームを経験するなど、実力伯仲を象徴する大会となった。
 今回は11月に報徳学園(兵庫)を招き開催された「県高野連招待試合」や尽誠学園高松商を決勝戦で下し優勝した「県1年生大会」。さらに拮抗を生み出してる事業なども交え、「香川県高校野球の2018年秋」を総括していきたい。 (続きを読む)

【目次】
[1]ベスト4勢と有力校の差は「紙一重」
[2]「モチベーションを与え続ける」強化・振興策

【関連記事】
春夏通算5度の甲子園出場の強豪・志度の冬に迫る!! 【ニュース - コラム】
第52回 志度(香川)「量より質」香川大会準優勝の悔しさを夏にぶつける!【冬が僕らを強くする2019】
最速147キロ右腕・加茂擁する藤井学園寒川はいきなり丸亀城西と対戦!【春季香川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第553回 県立高松商(香川)「超伝統校のモダンベースボール」さらなる高みへ【野球部訪問】
第78回 第二のお母さんとして!愛情米(こめ)たおにぎりで選手を支える!高松商(香川)【頑張る!マネージャー】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
四国選抜vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
英明 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
志度 【高校別データ】
小豆島中央 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
四国大会準V!好投手輩出・松山聖陵(愛媛)の練習に潜入 !
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る