大きなケガにつながる筋挫傷に気をつけよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.01

筋挫傷について知ろう!

■セルフコンディショニングのススメ NEW!!
筋挫傷と長引くケガ

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 秋の涼しさが心地よい季節となりました。皆さんの住んでいる地域によっては涼しさを通り越して、寒く感じるところもあることでしょう。まだまだ熱戦の続く秋の地方大会とともに、練習試合なども積み重ねて次のシーズンに向けた準備をしていることと思います。さて今回は筋挫傷についてお話をしたいと思います。筋挫傷を「ただの打撲」と思って初期対応をおろそかにすると、大きなケガにつながるかもしれません。(続きを読む)

【目次】
[1]筋挫傷はよく経験するケガの一つ
[2]早期復帰で起こりやすい骨化性筋炎

【関連記事】
体重が増えた時に心がけること 【ニュース - その他】
シャワーを使った交代浴で疲労回復 【ニュース - その他】
第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう【セルフコンディショニングのススメ】
第214回 受動握力と指の力を鍛える【セルフコンディショニングのススメ】
第213回 足首の複雑な動きとゆるみ・硬さ【セルフコンディショニングのススメ】
第211回 西村典子トレーナーが教える「自宅で出来る!簡単ストレッチ&セルフコンディショニング」VOL.4【セルフコンディショニングのススメ】
第212回 サーフェスとトレーニング効果【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季栃木県大会】猛打爆発、國學院栃木!2回戦8試合の結果!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る