大きなケガにつながる筋挫傷に気をつけよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.01

筋挫傷について知ろう!

■セルフコンディショニングのススメ NEW!!
筋挫傷と長引くケガ

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 秋の涼しさが心地よい季節となりました。皆さんの住んでいる地域によっては涼しさを通り越して、寒く感じるところもあることでしょう。まだまだ熱戦の続く秋の地方大会とともに、練習試合なども積み重ねて次のシーズンに向けた準備をしていることと思います。さて今回は筋挫傷についてお話をしたいと思います。筋挫傷を「ただの打撲」と思って初期対応をおろそかにすると、大きなケガにつながるかもしれません。(続きを読む)

【目次】
[1]筋挫傷はよく経験するケガの一つ
[2]早期復帰で起こりやすい骨化性筋炎

【関連記事】
体幹の重要性としなやかな動作を可能にするコンディショニングについて考えよう! 【ニュース - コラム】
第207回 体幹の役割としなやかな動作【セルフコンディショニングのススメ】
野球に活かす有酸素運動 【ニュース - その他】
第206回 肩の機能解剖 ゼロポジションとスキャプラプレーン【セルフコンディショニングのススメ】
第205回 現状を把握するための体力測定【セルフコンディショニングのススメ】
第204回 肘の痛みと肘の靱帯手術であるトミー・ジョン手術【セルフコンディショニングのススメ】
第203回 ケガを長引かせないようにする【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る