気になる用具を徹底取材!<GEハイストIQ(ミズノ社製)編>

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.05.26

気になる用具を徹底取材!<GEハイストIQ(ミズノ社製)編>

■野球総合研究所
第21回 「気になる用具を徹底取材!<GEハイストIQ(ミズノ社製)編>」
 NEW!!

 バットやグラブと違い、試合中常に身に付けているスパイク。野球のどのプレーにも関わってくるので、スパイクの質がプレー全体を左右するといっても過言ではない。
野球総合研究所では「話題となっている用具」を徹底取材します!今回は、ミズノ社から発売中の「GEハイストIQ」を、スピードを求める独立リーグの選手たちに実際に履いていただき、約3ヶ月間、プレーしていただいた。実際にスパイクを履いていただいた選手たちの生の声を紹介します!(続きを読む)

【目次】
[1]選手たちが求める理想のスパイクについて
[2]履いていたら自分の足にフィットしてくる感覚!選手から続々と喜びの声が
[3]商品企画担当者・鷲見将成氏のコメント / 総括

勝つための走塁特集

【高校野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

【関連記事】
田中将大が新グラブを発表!青いロゴと操作性光るグラブで日本一目指す! 【ニュース - パートナー情報】
昨年の捕手ベストナイン・大城卓三(東海大相模出身)がミズノブランドアンバサダー契約を結ぶ! 【ニュース - パートナー情報】
第1046回 ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート 【2019年インタビュー】
第1045回 野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん 【2019年インタビュー】
第1038回 「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん  【2019年インタビュー】
第1033回 3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長 【2019年インタビュー】
第1033回 3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員 【2019年インタビュー】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第30回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【前編】(1950年代~1990年代前半)【高校野球ヒストリー】
第29回 多くの球児のプレーを支え続けた道具の進化の裏にある「ええもんつくんなはれや」の精神【高校野球ヒストリー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第15回 体を冷やしたほうがパフォーマンスがアップするってホント?暑さ対策に新提案!【特集コラム】

コメントを投稿する

次の記事:
桐光学園、東海大相模の神奈川勢が快勝発進!見所満載初日5試合を徹底レポート!【春季関東大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る