森友哉、根尾昂、西純矢も経験した「NOMO JAPAN」。中学球界屈指の強肩捕手が語る本場・アメリカ野球の凄さ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.28

角田蒼汰(筑後サザンホークス)

 元メジャーリーガーの野茂英雄氏が総監督を務める、中学野球の選抜チーム「JUNIOR ALL JAPAN(NOMO JAPAN)」。今年も17名の選手が選抜され、8月19日~26日にかけてアメリカのロサンゼルス、サンディエゴにて遠征を行った。

 毎年、サンディエゴの地元チームやMLBアカデミーの選手たちと試合を行い、その後、MLBの試合も観戦するスケジュールだ。
 かつては森 友哉(埼玉西武)、廣岡 大志(ヤクルト)や根尾 昂(中日)、そしてちょうど3年前の代表には石川 昂弥東邦)や西 純矢創志学園)、黒川 史陽智辯和歌山)など、高校野球界をリードした逸材たちが選ばれた歴史を持っている。

 捕手として代表に選出された筑後サザンホークスの角田蒼汰は、「アメリカの選手や他の代表選手など、パワーでも技術でもとにかくレベルが高かった」と語り遠征を振り返る。捕手として2試合に出場し、打線でも3番も任されることもあるなど中心選手として奮闘したが、日本代表ならではの課題も見つかったと語った。

 「短い期間の中で投手とコミュケーションを取っていくのが難しく、投手のみんなにも迷惑を掛けたと思います。ですが、高校に入る前にとても経験が出来たと思います」

 筑後サザンホークスの1学年上には、U-15日本代表に選ばれた秋山 恭平広島新庄)も在籍していた。その影響から角田も、日本代表への思いはとても強かったことを明かす。

 「ずっと日本代表に選ばれたいと思っていたので嬉しかったです。秋山さんにも少しは追いついたかなと思います」

 「JUNIOR ALL JAPAN」での経験を活かして、角田が高校野球でどんなパフォーマンスを見せるか注目だ。
 またその他、「JUNIOR ALL JAPAN」に選出された選手は以下の通り。

原叶大 大阪堀江ボーイズ  投・内
重松宏祐 ヤング福岡ライナーズ 投・内
植松幹太 広島廿日市ボーイズ 内野
倉重 和宏 九州古賀ボーイズ 投・内
佐藤優希 白河ボーイズ 内野
上田蒼太 SASUKE名古屋ヤング 投手
香西一希 糸島ボーイズ 投・外
金岡丈二 兵庫加古川ヤング 外野
中山星輝 若狭高浜ボーイズ 捕手
羽田菱 松原ボーイズ 捕手
丸岡優太 藤井寺ボーイズ 内野
関根啓衣太 伊勢崎ボーイズ 捕手
角田蒼汰 筑後サザンホークス 捕手
吉田雄亮 横浜中ボーイズ 投・外
近藤勝輝 生駒ボーイズ 投・外
海老根 優大 京葉ボーイズ 外野
別所孝亮 岐阜中濃ボーイズ 投・外

【関連記事】
2006年以来の甲子園を目指す福岡工大城東。経験と高い意識を武器にまずは秋の福岡を獲る 【ニュース - コラム】
第1041回 2006年以来の甲子園を目指す福岡工大城東。経験と高い意識を武器にまずは秋の福岡を獲る【野球部訪問】
3年間で全国制覇3度。京葉ボーイズが「勝利」と「育成」を両立させた3つの取り組みに迫る! 【ニュース - コラム】
第35回 3年間で全国制覇3度。京葉ボーイズが「勝利」と「育成」を両立させた3つの取り組み【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第2回 U-15代表4番、142キロ右腕など高校野球の世界に飛び込んだ12人のスーパー中学生たち【中学野球逸材コラム】
第1106回 野茂総監督から学んだ感謝の気持ちを胸に 香西一希(糸島ボーイズ)は高校野球でも二刀流を目指す 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第988回 【U-15アジアチャレンジマッチ総括】ほとんどが強豪校内定のU-15代表。「未来の甲子園のスター」は何人出るか?!【大会展望・総括コラム】
U-15日本代表vs松山市代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
静岡裾野シニアvs京葉ボーイズ【ジャイアンツカップ2019】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第909回 責任感と自覚が芽生えた「負けず嫌いなムードメーカー」 角田蒼汰(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第866回 身体能力抜群の2年生スラッガー・海老根優大(京葉ボーイズ)U-15代表入りへ決意を語る 【2019年インタビュー】
海老根 優大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
倉重 和宏(福岡工大城東) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る