第18回 大塚 晶文コーチが語る! 「なぜ投手に強い背筋が必要なのか」2015年01月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]まずはアスリートとして動ける体を作る
[2]なぜ投手は背筋を鍛えるべきなのか
[3]メンタルの強さは試合にも、トレーニングにも活きる

これまでの大塚 晶文さんインタビューは以下から!
「プロ、アマチュアで出会った捕手の存在」
「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」
下記のインタビューは大塚さんが取り組むメンタル面の取り組みを知ることが出来ます!
信濃グランセローズ時代の大塚 晶文監督インタビュー!

メンタルの強さは試合にも、トレーニングにも活きる

【具体的な成功のイメージを描くことが重要
写真:2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦 立命館宇治vs神戸国際大附より】

 大塚コーチは選手生活でよりうまくなるために様々なことを考えてきた。大塚コーチは、試合前、試合中に腹式呼吸を行う。より力を発揮できるために呼吸法まで意識をしてきたのだ。

 呼吸の仕方は、試合前と試合中では異なるようだが、最大の目的は自分をリラックスした状態にするためだ。そうなると思考も落ち着く。そして成功のイメージを具体的に描く。最後の打者をアウトコースのスライダーを投げて三振に締めるプレーのイメージだけではなく、勝った時の喜び、観客の歓声、球場の雰囲気、匂いまでイメージする。

 試合に必要な感情は、冷静な気持ち、強気な気持ち、ワクワクした気持ち、感謝の気持ちの4つ。この4つの感情を持つことが出来れば、かなり良いイメージが入ることができて、最高の結果を残すことができるようだ。

 大塚コーチの呼吸法に限らず、一流選手は、自分の力を発揮するためのルーティン、イメージの描き方を持っている。
大塚コーチは、メンタルトレーニングの1級コーチの資格(SBT=スーパーブレイントレーニング)も持つが、メンタルの勉強をしてきて、自分が行っている呼吸法は、メンタルを強くする方法として紹介されており、理論的に正しいと感じたようだ。また呼吸法、イメージの作り方は、オフのトレーニングの取り組み方にも活きると説明する。

「プロ、MLBとトップレベルを目指すならば、やはりパワー系のトレーニングはハードになり、かなりつらいものです。トレーニングを継続するにはモチベーション、イメージが重要になります。そのために、具体的に成功するイメージを描いてください。心技体といわれますが、まず心があって、取り組めます。そしてハードなトレーニングを取り組む体力。その2つが両立して、最後に技術が伴います」

 一つのトレーニングにも意味がある。大塚コーチは、今より上手くなりたい、今よりももっとできるという思いで研究を重ね、トレーニングを野球に結び付け、成功してきた。
選手時代は上手くなりたい一心だったが、コーチになった今では、科学的に証明されているモノを選手たちのために正しく伝えたい思いで勉強を続けている。

 大塚コーチが語る背筋の重要性、具体的に成功するイメージを描く重要性は、真剣に考え抜いたからこそ出た答えである。高いレベルを目指す選手たちは、自分が上手くなるために真剣に考え、自分なりの「答え」を見つけ出すことが必要ではないだろうか。

メンタルを鍛えるトレーニング、考え方が分からない方はこちらがおススメ
集中力の高め方
弱者が強者に勝つために〜ジャイアントキリングを起こせ〜
林成之教授の勝てる脳の作り方

(文・上原 伸一)

【1月特集】変身!パワー系球児

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第36回 3年間で全国制覇3度。京葉ボーイズが「勝利」と「育成」を両立させた3つの取り組み【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第241回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
横芝敬愛vs東金商【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
横芝敬愛vs山村国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第889回 魂の投球でファンに勝利を届ける!鎌田光津希が地元・千葉を熱くする!【後編】 【2019年インタビュー】
第888回 育成から逆襲を!鎌田光津希(千葉ロッテ)はいかにして155キロ右腕になったのか【前編】 【2019年インタビュー】
第787回 社会人屈指の速球派右腕・生田目翼(日本通運)の「真っ直ぐな強さ」の魅力に迫る 【2018年インタビュー】
稲毛vs横芝敬愛【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
千葉黎明vs横芝敬愛【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

大塚 晶文(おおつか・あきふみ)
大塚 晶文(おおつか・あきのり)
  • 所属:横芝敬愛-東海大学-日本通運-近鉄ドラゴンズ(1997年-2002年)-中日ドラゴンズ(2003年)-サンディエゴ・パドレス(2004年-2005年)-テキサス・レンジャーズ (2006年-2007年)-信濃グランセローズ (2013年- 2014年)-中日ドラゴンズ投手コーチ(2015年-)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:182センチ/95キロ
  • 1972年1月13日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム